下関市長府 松小田刑場の首切地蔵

日本も昔から法治国家なわけで、
法があるということは刑もある。
刑があるという事は、刑場も必然的にあるのです。
幕藩体制においては、各藩の藩法に乗っ取り刑罰が行われ、
それぞれの藩ごとに刑場がありました。

仏教の普及していた日本では、
刑場に地蔵菩薩の石像が設置される事が多く、
刑場の露と消えた刑死者達の、
あの世への道を示す役目を持っています。

有名な小塚原刑場首切地蔵はかなり巨大ですが、
全国の刑場の首切地蔵は、
普通のお地蔵さんと変わらない姿のものがほとんど。

長府藩の刑場は松小田に置かれ、
有名な浮石義民の処刑が行われています。
※当時の長府藩筆頭家老椙杜家の所領浮石村で、
 圧政により困窮した農民らが、幕府巡見使に直訴した事件。

 訴えは聞き遂げられましたが、直接直訴した5人は打首。

松小田は現在も使用される地名ですが、
住宅地になっており、どこが刑場跡なのかわかりません。
ただ、松小田にある福昌寺という寺に、
刑場にあった首切地蔵が移されています。
福昌寺は刑場の近くにあったという事ですので、
寺の周辺のどこかにあったのだろうと推測できます。


福昌寺本堂」。
由緒はわかりませんが、「一文字三ツ星」を使っています。


瓦を葺き替えたようで、古い鬼瓦が置かれていました。


・・で、これか松小田刑場にあったとされる首切地蔵
廃藩置県で松小田刑場が廃止された為、
この首切地蔵を福昌寺が預かったようです。

刑死した遺体は、近くの道玄堂山に埋められましたが、
(記事はこちら
江戸の小塚原刑場では、刑死者の遺体は捨置で、
墓を建てる事が許されなかったという話。
※遺体の捨置は疫病の原因となりますので、
 本当に捨て置かれたとは考えにくい。
 たぶん集めて埋められはしたでしょう。

道玄堂山には小さいながらも、無数の墓石がありました。
法は幕府と諸藩でまちまちなんでしょうね。

■関連記事■
山口県山口市 脱退諸士招魂碑ほか
 長州藩の刑場。脱退隊士等が斬首されています。
福井県敦賀市 天狗党の幕府による処断(天狗党の終焉③)
 来迎寺境内で天狗党は斬首されました。
東京都荒川区 延命寺(首切り地蔵)
 有名な首切り地蔵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。