周南市 徳山陣屋跡②

子供たちを動物園に連れて行こう」と徳山動物園へ。
実はこの徳山動物園は、徳山陣屋の敷地内だった場所です。
嫁さんに言うと「そんなことだろうと思った」と呆れ顔。

徳山陣屋跡は「周南市文化会館」の敷地とされていますが、
徳山陣屋は広大な敷地を誇る三大陣屋のひとつなので、
近隣の徳山動物園も徳山陣屋の敷地内でした。


徳山動物園」。
昭和35年開園の県内唯一の動物園。
頭を抱える仕草を見せるマレーグマが有名ですね。


杉家屋敷跡」。
動物園正門前の第2駐車場脇にある石碑。
毛利元就輝元時代の重臣杉元相の屋敷跡です。
子の元宣は輝元に妻を奪われた為、
豊臣秀吉に直訴しようと大阪に向かいますが、
これが秀吉の耳に入れば一大事と、
小早川隆景に暗殺されて杉家は断絶。
息子の妻を奪われ、挙句に暗殺されてしまうとは・・・
なんとも非道な話ですね。

子供達と徳山動物園入へ。
ダチョウやシマウマがいる場所の近くに碑があります。

贈従四位飯田先生旌功之碑」。
飯田忠彦は元徳山藩士で、藩主近侍の身ながら出奔し、
京都で有栖川宮家の家来となります。
徳川光圀の「大日本史」が南北朝統一で終わっていた為、
その続編「大日本野史」を30年掛けて完成させます。
主の熾仁親王日米修好通商条約に対する意見書を提出し、
その起草に関わったとして京都町奉行所に拘禁。
押込百日の処分となり、放免後は隠遁していましたが、
桜田門外の変の関与を疑われ、再び拘禁されてしまいます。
忠彦は全くの無関係だった為に、憤慨して自害。
大正2年に彼の功績が称えられ、この碑が建てられました。


クマさん、おサルさん、ゾウさん、カバさん、
ペンギンさんにキリンさんと、みよちゃんは大満足。
ゆきちゃんはまだ何が何だかわからないでしょう。
しかしながら、僕のお目当ての碑が見当たらない。
実は禁門の変の責任を取った三家老を称えた碑が、
この動物園にあるはずなんです・・・。

一通り廻ってみたがどこにもない。
仕方ないので職員さんに聞いてみると。
ああ。あの碑は新ゾウ舎が建てられるから、
 近くの公園に移設しましたよ
との事。マジか!


無いものは仕方ない。
すぐにでもその公園に飛んでいきたいとこですが、
今回は家族サービスを兼ねてますからね。
一通り遊んだ後で、その公園に向かう事にします。
まあみよちゃんが喜んでるので、良しとしますか。


碑は動物園の北側にある「徳山公園」に移設されてます。


三大夫殉節之碑」。
三家老の殉節を称えた石碑。
動物園にあるってのが良かったんだけどね。
ゾウには勝てませんでした。


裏には三家老の名前がしっかりと刻まれています。
三家老は、禁門の変後に徳山藩預かりとなって幽閉。
碑はその縁で徳山陣屋の敷地内に建てられました。

動物園の隣にある祐綏神社へ。

祐綏神社」。
徳山藩初代藩主毛利就隆と最後の藩主毛利元蕃を祀る神社。


祐綏神社拝殿」。
元々は初代就隆を祀った神社で、陣屋内に建立されていましたが、
廃藩置県後に当主が東京へ移住し、神霊も東京へ移ったため、
旧藩士達が新しく就隆を祀った神社を建立させたもの。
後に最後の藩主毛利元蕃も合祀されました。

家族サービスもばっちり出来ましたが、
考えてみれば動物園なんて何年ぶりだろう。
大坂時代に天王寺動物園に行った記憶がありますが、
その頃は子供はいません。
動物園に子供を連れて行くのは初体験でしたが、
こんなに楽しんでくれるとは思いませんでした。
みよちゃんは、大きくなっても覚えていてくれるでしょうか?
そんな感傷に浸りながら、車に乗って近くの史跡へ向かいます。
車に乗ると、二人の子供はすぐに寝てしまいました。
限界まで遊ぶのが子供なんですよね。

【徳山藩】
藩庁:徳山陣屋
藩主家:就隆流安芸毛利家
分類:3万石、外様大名(長州藩支藩)

■関連記事■
周南市 徳山陣屋跡
 徳山陣屋跡は「周南市文化会館」の敷地。
周南市 徳山毛利家墓所
 徳山毛利家の歴代墓所。
周南市徳山 三家老幽閉之地
 三家老は徳山藩預かりとなって幽閉されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。