周南市徳山 三家老幽閉之地

禁門の変の敗戦後、
指揮を取った三家老は自領で謹慎していましたが、
第一次長州征伐での降伏条件として、
三家老の切腹四参謀の斬首が要求された為、
3人は徳山に集められて徳山藩に預かりとなりました。

国司親相澄泉寺益田親施惣持院
福原元僴は徳山藩士衣笠伊織宅と、
3人はそれぞれ別の場所に幽閉されています。

徳山市街地周辺(三家老幽閉地の場所)

古川薫の小説「野山獄相聞抄(吉田松陰の恋)」に、
見事な御最期」という短編があり、
その時の様子が描かれています。
小説なので創作なのですが、三人の心情を想像するには、
とても良い作品だと思います。

国司親相は禁門の変で天龍寺に布陣。
来嶋又兵衛らと共に西側から京に入り、
中立売から蛤御門を攻めました。

国司親相幽閉賜剣之地」。
藩主家菩提寺大成寺の参道脇にある御弓丁公園に、
国司が幽閉された事を示す石碑があります。
澄泉寺に国司は幽閉されましたが、
その澄泉寺は明治4年に廃寺となって存在しません。
寺は西へ100m程の場所にあったようですが、
この碑は開発の為に公園内に移設されたようです。
※西へ100mは朝銀西信用組合徳山支店あたり。 
国司は元治元年11月12日に澄泉寺で切腹しました。


益田親施は禁門の変で山崎に布陣。
後陣として待機していましたが、
先鋒が敗れた為に参戦の機会を逸しています。

益田親施幽閉賜剣之地
毛利町のモウリマンションの一角に、
益田親施が幽閉碑された事を示す石碑があります。
ここからやや東寄りの位置にかつて惣持院があり、
益田はそこで幽閉されて切腹しました。
※惣持院も明治4年に廃寺となっています。

福原元僴は禁門の変で伏見に布陣。
伏見街道より上って大垣藩会津藩新撰組と戦い、
激戦の末に自らも負傷しています。

福原元僴幽閉之地」。
石碑は周南市立中央図書館前付近。
このあたりに徳山藩士衣笠伊織宅がありました。
福原は他の二人と違い徳山藩主の血を引いていた為、
※8代藩主毛利広鎮の六男、9代藩主毛利元蕃の兄。
領内で切腹させるのは忍びないと岩国に送られ、
岩国の龍護寺で切腹しました。
※他の二人の碑は「幽閉賜剣之地」となっていますが、
 福原はここで切腹しておらず「幽閉之地」になっています。

禁門の変は三家老の独断という体裁が成り立った為、
藩主・世子及び長州藩自体に非が及ぶ事な無くなり、
第一次長州征伐は回避されました。
これにより藩が対幕体勢を整える時間を稼ぐことができ、
三人の死が長州を救ったといえるでしょう。

しかしながら、ごく小期間ながら三家は断絶
体裁的には「主に逆らった家」という事になるため、
子は福原、益田、国司の姓を名乗ることができす、
名誉回復は幕長戦争の勝利後まで待たねばなりませんでした。

■関連記事■
広島県広島市 国泰寺跡
 三家老の首実験が行われた幕軍本営跡。
萩市 東光寺
 藩主菩提寺の東光寺には、三家老の墓碑もあります。
「野山獄相聞抄」古川薫
 収録作「見事な御最期」で三家老の最後が描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。