周南市 大成寺(徳山藩毛利家墓所)

徳山毛利家毛利輝元の次男毛利就隆を祖とし、
就隆が3万石を分与されて徳山藩が成立しました。
はじめは下松を藩庁としましたが、
交通が不便であった為に領内の野上村に藩庁を移し、
地名を徳山と改めて以後、徳山を藩庁としますが、
3代藩主毛利元次が宗家と領界争論を起こし、
主家に背いたとして幕府により改易処分となりますが、
後に子の代で再興。以後は宗家と良好な関係を築き、
江戸後期には城主格大名となっています。


大成寺」。
徳山毛利家の菩提寺は大成寺。
初代就隆が菩提寺として開いた臨済宗の寺院です。

大成寺から左の道を進んで徳山毛利家の墓所へ。

徳山毛利家墓所」。
木製の鳥居が目印。この石段を登った先に墓所があります。


階段を登ると歴代藩主の墓が立ち並んでいました。
他の毛利家でもみられるような笠塔婆型の墓石です。
こちらは3、4、5代藩主とその正室の墓。


初代藩主毛利就隆の墓は、屋根付きの立派なもの。
もう一つの屋根付きの墓は、就隆の側室銀姫の墓でした。
側室が歴代藩主より立派って・・と思ったら、
3代藩主毛利元次の母であった女性だそうで、
元次が母の為に建てたものでした。


従三位勲三等子爵毛利元功卿墓」。
銀姫の墓の前には、10代当主毛利元功の墓。
世子時代の鳥羽伏見の戦いでは、
藩主名代として徳山藩兵を率いて戦っています。


従二位勲二等公爵毛利元徳養女壽美子墓」。
毛利宗家当主で毛利元徳の養女と刻まれている墓。
調べてみると元功の最初の妻でした。
普通なら夫である元功の妻とするべきですが、
あえて宗家の当主の養女という書き方をしているのが面白い。
とても権威的ですね。
※実際には壽美子は9代元蕃の娘。元功は長府毛利からの養子。


承天院殿朝散大夫前日州刺史廣州鎮裔大居士」。
8代藩主毛利広鎮の墓。
9代藩主毛利元蕃や、三家老の一人福原元僴
長州藩最後の藩主毛利元徳の父でもあります。


従三位毛利元蕃卿之墓」。
幕末期の藩主9代毛利元蕃の墓。
教養人で詩才に優れ、詩集を世に出すなどしています。
三家老を預かって引導を渡す役となっていますが、
その一人である福原元僴は元蕃の実兄。
徳山で切腹させるに偲びず、岩国へ送りました。
幕末の動乱では宗家に従って行動し、
戊辰戦争にも兵を出しています。

徳山藩は廃藩置県に先立ち領地を宗家に返還して廃藩。
すぐ後に廃藩置県となって山口県となりました。
その後に豊浦県岩国県清末県が吸収合併しています。

徳山毛利家当主は、現在も周南市徳山に居住しているそうで、
この墓地は現在も使用されている生きた墓地のようです。

■関連記事■
周南市 徳山陣屋跡
 三大陣屋のひとつ徳山陣屋の跡。
周南市 徳山陣屋跡②
 広大な徳山陣屋の敷地跡は動物園になっています。
萩市 東光寺
 毛利宗家の奇数代の藩主墓所。

2 thoughts on “周南市 大成寺(徳山藩毛利家墓所)

    1. kii 投稿作成者

      >赤間ヶ関住人様
      ご指摘のとおりです。修正致しました。ありがとうございます。
      同じく赤間ヶ関住人でありながら、そこを間違うとはお恥ずかしい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。