宮城県仙台市 茂ヶ崎 伊達家墓所

仙台駅から仙台城瑞鳳殿を革靴で歩いた後、
次は茂ヶ崎(大年寺山)の伊達家墓地へ。
すでに足の裏に違和感を覚え、
マメが出来ているのだろうと感じつつ、
それでも頑張って歩きます。
途中のコンビニで休憩しますが、
立っているだけで足の裏が痛いので、
もったいない気がして歩き始める始末・・。


仙台市太白区茂ヶ崎周辺(伊達家墓所の場所)

茂ヶ崎(大年寺山)には、
4代以降の伊達家代々の墓所があります。
瑞鳳殿からは広瀬川を渡らずに行けるのですが、
歩いて30分の距離でしかも坂もあるので、
なかなか足にきました・・。

山上を目指して足を引きずりながら登ると、
テレビ塔の手前に伊達家の墓所があります。


宝華林廟」。
残念ながら非公開。知ってはいましたが、
来ないわけにはいきません。
従って13代伊達慶邦の墓には参れず。
現在も使用されている墓所なので仕方ない。
この「宝華林廟」という墓所の名称は、
一応、江戸時代の藩主墓所の名称で、
同場所ながら13代慶邦以降の墓所の名称は、
大年寺山伊達家墓所というようです。
慶邦の墓は東京駒込の西福寺でしたが、
祖先の墓所である大年寺山に改葬されました。

さらにテレビ塔を越えて公園の奥に進むと、
5代10代12代の墓所があります。

無尽灯廟」。
5代伊達吉村、10代伊達斉宗
12代伊達斉邦と、その夫人達の墓所。
ここも基本的には非公開のようですが、
3月20日~11月30日の毎週土日祝、
9:30~15:30の間、
一般公開をしているようです。
訪問時は平日ですので鍵が掛かっていました。

茂ヶ崎は4代伊達綱村大年寺を開いた場所で、
伊達家の墓所として仙台藩から庇護を受け、
広壮な伽藍を営んでいたようです。
明治に伊達家が仏式から神式に変わったため、
庇護を失って大年寺は廃寺となりました。
遺構として惣門が残されているようでしたが、
探すのをすっかり忘れていました。

足の裏がとても痛く、
次の史跡を訪問するため早々に下山。
次の目的地は歩いて45分。もはや意地です。

■関連記事■
宮城県仙台市 瑞鳳殿
 伊達政宗などの初期の仙台藩主霊廟。
宮城県仙台市 仙台城跡
 仙台藩伊達家62万石の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。