福島県いわき市 湯長谷陣屋跡

映画「超高速!参勤交代」の舞台として知られる湯長谷藩は、
磐城平藩の内藤家時代に支藩として成立しています。

内藤家は徳川家康の祖父の代から仕えた内藤清長の家系で、
次代内藤家長は、関ヶ原の前哨戦伏見城攻防戦で戦死し、
孫の内藤正長は、上杉景勝の南下を防いだことにより、
父子の功績が認められて佐貫藩3万石を与えられました。

大坂の陣では江戸城の留守居役を任され、
また改易された大名の城受け取りなどを務め、
加増を繰り返して磐城平藩7万石の大名となります。

内藤家3代磐城平藩主内藤義概は、家督を相続すると、
弟の遠山政亮に1万石を分与し、湯本藩が立藩。
のちに藩庁を湯長谷に移して湯長谷藩となりました。

増上寺刃傷事件で、同族の鳥羽藩主内藤忠勝が、
宮津藩主永井尚長を殺害した際には、
政亮は下手人の忠勝を取り押さえ、
その功績から2000石を加増されて直参となり、
大坂定番などを命じられ3000石を新たに加増。
1万5000石を領するに至りました。

ちなみに政亮の取り押さえた内藤忠勝の甥は、
忠臣蔵で知られる赤穂藩主浅野長矩
後に叔父と同様の事件を起こしていますが、
こちらは吉良上野介を討ち損じています。

宗家の磐城平藩内藤家は、小姓騒動と呼ばれる跡目争いで、
元文百姓一揆という大規模な百姓一揆が発生。
6代藩主内藤政樹はこれを鎮圧して百姓達の要求を却下し、
指導者を処刑するなどしました。
しかし大規模一揆の発生は、幕府の知るところとなり、
延岡に転封させられることとなります。

宗家は転封させられましたが、湯長谷藩は幕末まで存続。
3代政貞の代に姓を内藤に戻しました。

いわき市湯長谷町周辺(湯長谷陣屋跡の場所)

湯長谷陣屋跡は、現在いわき市立磐崎中学校の敷地。

いわき市立磐崎中学校」。
廃藩置県により湯長谷県庁が置かれましたが、
第1次府県統合により、周辺の県と合併された為、
翌年には陣屋の建物が競売されています。


多くの藩庁跡が小・中学校になっているのですが、
ここも例によって中学校となっています。
小・中学校の陣屋跡では跡碑を探すのに苦労しますが、
平日であれば生徒もいますので、
不審者と思われないように気を付けなければなりません。
幸いにも訪問時は祝日だったので誰もいませんでした。


湯長谷藩館跡」。
グランドの隅にありました。
立派な碑で湯長谷藩館址建碑協賛会によるもの。
小藩の湯長谷藩でこれだけの石碑があるのを考えると、
磐木平城のあの状態はなんとも寂しいですね。

湯長谷藩は奥羽越列藩同盟に加盟。
平潟から上陸する官軍を迎え撃ちます。
13代藩主内藤政養は、若干12歳にもかかわらず、
自らも出馬して指揮を取りました。

湯長谷陣屋の攻略には、岡山藩佐土原藩があたり、
主力が藩主と共に不在であったために難なく占領され、
本拠を失った内藤政養と湯長谷藩兵は仙台に退却。
仙台藩の降伏に伴って降伏し、謹慎処分となっています。

地元では「名藩主が多い」とされている湯長谷藩主。
幕末の藩主も幼少ながら自ら出馬する気骨を見せたという。
どこぞの将軍に爪の垢でも煎じて飲ませたいものです。

【湯長谷藩】
藩庁:湯長谷陣屋
藩主家:三河内藤家
分類:1万5000石、譜代大名

■関連記事■
福島県いわき市 磐城平城跡
 隣藩の磐城平藩安藤家の居城跡。
福島県いわき市 泉陣屋跡
 隣藩の泉藩本多家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。