東京都日野市 石田寺(土方歳三墓所)

石田寺は土方歳三の墓所。
日野に来てここは外せませんね。

土方歳三については説明するまでもないですが、
新選組鬼の副長であった人物。
彼や新選組については、研究者やファンが多く、
僕ごときが云々語るのはおこがましいですが、
彼の一貫した合理主義には感銘を覚えます。

新撰組という組織を運営するにあたっては、
陣中法度局中法度等の厳しい隊規が理想的であり、
これ以上の運営方針はありえなかったと思いますし、
そうでなければ成り立たなかったともいえます。
奥羽列藩同盟生殺与奪権を主張したのも、
寄せ集めの奥羽越諸藩軍が勝つためのものでした。

人に死を与えるような法は悪法であると、
戦後の左翼的な発想では考えがちですが、
残念なことに一人を断罪することによって、
多くの命が救われることもある。
この事がしっかりとわかっていたのでしょう。

石田寺は、多摩川浅川の合流地点にあります。

石田寺」。
いしだでら」と読むと思っていましたが、
読み方は「せきでんじ」が正解。


石田寺本堂」。
昔、多摩川に大洪水が起こり観音像が石田に流れ着き、
それを観音堂を建てて安置したのが石田寺のはじまり。
場所は南北朝時代の廃寺の跡だったようです。


土方歳三義豊之碑」。
土方の次兄である土方喜六の曾孫が、
昭和43年に明治百年を記念して建立したもの。


土方家墓所」。
土方家は次兄喜六の子孫が続いています。
訪問時は平日で参拝者は僕の他はいないようでしたが、
やはり全国より多くのファンがここを訪れるようで、
お供物をあげないで下さい
他の墓所に迷惑にならない様に」など、
注意書がされていました。


歳進院殿誠山義豊大居士」。
土方歳三の墓。比較的新しい墓石です。
墓前には生前の土方の写真が飾られており、
一目でこの墓だとわかります。
土方の遺体は五稜郭内に埋葬されたとされていますが、
はっきりとした場所はわかっていません。
この墓にはもちろん遺骨は収められてはいませんが、
遺族の方々が五稜郭の土を持ち帰って収めているとの事。

時間の都合上、
日野の新撰組関連史跡の訪問はこれにて終了。
土方歳三資料館にも行ってはみたのですが、
残念ながら当日はお休みでした。
高幡不動尊など他の史跡も訪問したいので、
いずれ東京出張の際に日野に行きたいと思っています。

■関連記事■
東京都日野市 石田寺(土方歳三墓所)
 日野にある土方歳三の墓。
東京都日野市 大昌寺(佐藤彦五郎墓所)
 新選組の支援者佐藤彦五郎の墓。
東京都日野市 宝泉寺(井上源三郎墓所)
 新撰組六番隊組長井上源三郎の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。