東京都日野市 大昌寺(佐藤彦五郎墓所)

佐藤彦五郎日野宿の名主下佐藤家の当主で、
土方歳三の実姉の夫でもあります。
天然理心流試衛館近藤周助の門人となり、
自宅の一角に出稽古用の道場を設けました。
そこに近藤勇らが出稽古に訪れたようですが、
たぶん本道場(記事はこちら)より、
良い環境だったのではないでしょうか?

近藤勇とは義兄弟の契りを結んでおり、
日野宿名主として動けない立場の佐藤は、
金銭面で支援を惜しまなかったとされています。

大昌寺」。
日野宿創設時に、隠居していた讃誉上人が、
住民に懇請されて創建した寺。
この寺の墓地に佐藤彦五郎の墓があります。


大昌寺 本堂」。
墓地は本堂に向かって左側にあります。


玉川居響誉祐翁居士」。
狂歌師玉川居祐翁の墓。
玉川居の旧名は中村太吉
日野宿の旅館の三男として生まれ、
小料理屋を営みながら、佐藤彦五郎の道場で、
近藤らに天然理心流の剣術を学びました。
試衛館メンバーが浪士隊に参加すると、
これに加わって京に出ますが、
浪士隊の分裂の際にどちらにも与せず帰郷。
後に農兵隊に入隊して、武州一揆の鎮圧に参加。
帰郷した近藤らが結成した甲陽鎮撫隊に、
春日隊の一員として参加しています。
維新後、狂歌師二代目絵馬屋額祐に師事し、
俳句、狂歌、狂句を学び、
明治10年に三代目絵馬屋額祐を名乗りました。
晩年は絵馬屋の号を弟子に譲り、
玉川居祐翁と名乗っています。


佐藤家之墓」。
下佐藤家の墓。彦五郎もここに眠っています。
佐藤彦五郎は春日盛と名乗って、
日野の農兵隊を率い甲陽鎮撫隊に参加。
甲州勝沼の戦いに敗れて潜伏しましたが、
日野宿有志の歎願により許され、
新選組組隊士の復権と顕彰に尽力しました。


佐藤彦五郎の妻のぶは土方歳三の実姉。
竹を割ったような性格で、
土方との仲は非常に良かったとされています。

■関連記事■
東京都日野市 石田寺(土方歳三墓所)
 日野にある土方歳三の墓。
東京都新宿区 試衛館跡
 天然理心流試衛館の道場跡。
山形県米沢市 高国寺(近藤勇墓所)
 近藤の首が埋葬されたと伝わる墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。