京都府京都市 淀城跡

宇治川桂川に挟まれた中洲で、
東海道の宿場町としても栄えた交通の要所でした。

現在の淀城跡より北500mの場所に旧淀城があり、
正確な築城年数はわかっていませんが、
その要所ゆえに応仁の乱から戦国時代に掛け、
幾多の武将が攻防を繰り広げ、
山崎の戦いでも明智光秀方が使用しています。

その後、豊臣秀長が荒れ果てた城を改修して、
豊臣秀吉の側室茶々の産所とし、
茶々はこの事から「淀殿」と呼ばれましたが、
淀殿がこの城で生んだ鶴松は幼くして死去。
秀吉の後継者は甥の豊臣秀次となりました。
その後、淀殿が大坂城で拾丸(のちの秀頼)を出産。
秀次と秀吉の関係が悪化し、廃嫡のうえ切腹となり、
秀次の家老で淀城代木村重茲も連座して切腹。
淀城は廃城となっています。

関ケ原の戦いを経て、徳川幕府が開かれた後、
譜代の松平定綱が淀に3万5千石で入封となり、
新たに城が別の場所に築城されました。
これが現在の淀城(跡)で、便宜上、
それまでの淀城は「淀古城」と呼ばれています。

淀の水車」。
京阪「淀駅」南東側のロータリーにある水車模型。
淀城の淀川沿いの石垣には、
水車が2つ設置されていたようで、
淀の川瀬の水車 だれを待つやらくるくると
と、当時の人々に唄われました。
元禄5年に江戸参府で淀を通過した蘭医ケンペルは、
淀の町は美しく、
水車小屋がその城の一部になっている」と記し、
また朝鮮通信使も淀城の水車の事を伝えています。
当時の人々は「淀城=水車」だったようですね。


稲葉神社」。
淀藩稲葉家の藩祖稲葉正成を祀る神社。
正成は明智光秀の重臣斎藤利三の娘の夫で、
豊臣秀吉に仕え、小早川秀秋の家老になりました。
関ヶ原の戦いでは、秀秋を東軍に寝返らせますが、
秀秋の死後に小早川家が断絶して浪人となります。
後に家康の嫡孫竹千代(家光)の乳母の募集が行われ、
これに妻の福が志願して採用され、福と離縁。
正成は仕官して美濃十七条に1万石を与えられ、
後に結城秀康の次男松平忠昌附家老となりました。
忠昌が福井藩3代藩主となる際、
それに従わずに出奔し浪人となりますが、
再び幕府に召し出され、真岡藩2万石を受領。
浪人状態から2度も大名に取り立てられたのは、
離縁した元妻の福が春日局となり、
離縁後も繋がっていたからとされます。

淀藩稲葉家が淀藩主となったのは、
正成から5代後でした。


稲葉神社本殿」。
社務所のような建物は荒れ果てていますが、
本殿は小さいながらある程度の体裁は保っています。
藩主を祀る神社は、他の城址などにも多く見られ、
それらと比べると見劣りしてしまい、
とても10万石の藩主家を祀る神社とは思えません。
隣接する與杼神社の規模と比べてしまいます。


天守台」と「淀城跡公園」。
天気が悪かった事もあるかもしれませんが、
なんだか荒れた印象を受けます。
昨今の城跡ブームで全国各地の城跡は、
再整備されているところが多いのですが、
公園化された城跡で、ここまで荒れたてるは珍しい。
淀城の水車や天守を復元する淀城跡公園再整備構想が、
財政難で20年近く進んでいないようです。


天守台も登れなくなっていました。
天守や水車の復元等、とても良い計画とは思いますが、
大風呂敷を広げすぎて財政難で実現が困難であるならば、
せめて補修や簡単な整備くらいしたらどうかと思う。


淀城之故址」碑「淀小橋旧跡」碑「唐人雁木旧跡」碑。
天守台脇に並べられた3つの石碑。
どうも新たに建てられた石碑に変えられた為、
用済みになってここに集められたようです。
淀小橋は、淀城の北側の旧宇治川に架けられていた橋で、
鳥羽伏見戦の千両松の戦いで敗れた幕府軍は、
淀城への入城を拒まれた為、淀小橋を焼き払っています。
唐人雁木とは、朝鮮通信使が使用した桟橋の事で、
大坂から淀川を上って上陸する場所に設けられていました。


淀城址」碑。
公園内にある石碑。
淀藩は10万2千石という大領でしたが、
その所領は分散していました。
本拠の山城の所領は2万石程度で、
他は、和泉や下総などに分かれ、
藩の経営は不安定であったようです。
幕政に関与することの多かった藩主に代わり、
城代家老の田辺家が執政を取り仕切っていました。


田邊治之助君記念碑」。
鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れ、
大坂方面へ敗走する際、
旧幕府軍は淀城の開門を迫りますが、
淀城は城門を閉ざして入城を拒否します。
仕方なく旧幕府軍は橋本まで退却しますが、
その際に旧幕府軍の一部が隙をついて侵入した為、
大手門の守りを指揮していた物頭役田辺治之助は、
その責任を取って自刃しました。


淀城の内堀。やはり荒れている様子。
事前にネットで調べたところ、
小さな水車があったはずなんですが、
撤去されているようです。
以前は堀の一面にハスの葉があったようですが、
近年になって減少しているとの事。
淀城の堀のハスは「淀姫」と言う固有種だそうで、
減少の原因はミドリガメによる食害だそうです。
住民や団体によってミドリガメが駆除され、
ハスの植え付けが行われているようですが、
まだまだのようです。

こういうのは自治体によっては、
即効予算が出て改善されるケースもあります。
京都市の詳しい事情はわかりませんが、
公園の様子と同様で公的な対策は無い様子。
他方の人間の勝手な推測ですが、
淀には京都競馬場というドル箱があり、
そちらの方に力が注がれているのではないでしょうか?
他の地方では、何とか観光客を増やし、
地元にお金を落としてもらいたいと、
数少ない観光資源に対する整備をしたりしますが、
京都競馬場やその他観光資源が豊富な分、
そこまでの情熱が持てないのかも?
また、歴史的遺産の豊富な京都市にある分、
予算がまわって来ないのかも?
京都市ではなく伏見区が独立した市であったなら、
その現状は大きく変わったかもしれませんね。

城跡も公園も、定期的な整備がなければ荒れ果てます。
各地で維新150年が盛り上がっていますが、
鳥羽伏見の戦いの舞台のひとつであるはずの淀城は、
ノボリのひとつも立てられていません。
今現在の様子から察すると、
残念ながらこれからも変わらない気がしますね。

【淀藩】
藩庁:淀城
藩主家:正成流稲葉宗家
分類:10万2000石、譜代大名

■関連記事■
京都府京都市 伏見奉行所跡
 旧幕府軍は伏見奉行所に本営を置いて新政府軍と戦いました。
大分県臼杵市 臼杵城跡
 同族である臼杵藩稲葉家の居城跡。
京都府京都市 伏見桃山陵
 明治天皇の御陵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。