京都府京都市 伏見奉行所跡

伏見奉行所跡を訪問しようと、
JR京都駅から電車で向かいます。
このあたりは数種の電鉄が通っていますので、
どれで行ってもさほど変わりないのですが、
とりあえず一番近い近鉄京都線に乗り、
桃山御稜前駅で下車しました。


京都市伏見区桃山周辺(伏見奉行所跡の場所)
伏見は平安時代より貴族の別荘地として好まれ、
豊臣秀吉伏見桃山城を築いて以降は、
城下町としても栄えています。
江戸時代に入ると、伏見桃山城は解体され、
伏見奉行所が置かれるとともに、
高瀬川の開削を行って、
京都-大阪間の水運の基点にもなりました。


京料理 魚三楼」。
江戸時代中期創業の高級魚料理屋。
もちろん鳥羽伏見の戦いの頃もありました。
家屋は当時のままで、
表の格子には銃撃戦の弾痕が残っています。


鳥羽伏見戦の弾痕」。
戦火によって、伏見の町は南半分が焼野原となりましたが、
魚三楼の建物は幸運にも焼失を免れました。
この弾痕は方向からすると薩摩藩側から放たれたものでしょうね。


伏見奉行所跡」。
伏見市街と周辺八ヶ村、葭島新田を管轄する奉行所。
管轄区内の司法・行政、川船の監督、
及び年貢徴収も担当しています。
維新後に奉行所は廃止され、陸軍の基地として利用され、
工兵隊の基地として工兵第十六大隊が置かれました。

伏見奉行所より戻って御香宮神社へ。

御香宮神社」。
伏見の産土神として信仰された神功皇后を祀る神社。
創建の由緒はわかっていませんが、
境内より良い香りの水が湧き出して、
その水を飲むと病が治るというので、
清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという。
この正門は、伏見桃山城の大手門だったもの。


明治維新 伏見の戦跡」碑。
鳥羽伏見の戦いにおいて、
御香宮神社は薩摩藩の本営となっています。

旧幕府軍により「徳川陣営」の木札が掲げられたため、
御香宮神社の祠官三木善郷は、御所へその事を注進。
これに薩摩藩士吉田友実が藩兵を率いてやってきて、
木札を外して御香宮神社に駐屯します。
やがて大坂より旧幕府軍が京に入ろうとやって来ますが、
駐屯する薩摩藩兵がそれを阻み、小競り合いとなり、
鳥羽方面から聞こえた砲声を合図に、
伏見での戦闘が開始されました。

陸軍奉行竹中重固が伏見奉行所を本陣として展開し、
薩摩藩兵は奉行所より高所の御香宮神社などから砲撃。
地の利を生かした砲撃により伏見奉行所は炎上し、
錦の御旗の出現による旧幕府軍の混乱により、
新政府軍が勝利し、旧幕府軍は淀まで撤退しています。


御香宮神社拝殿」。
本殿や拝殿は、徳川家の寄進によるものです。
まさか後の世で徳川幕府を滅ぼすことになるとは、
思っても見なかったでしょうね。


御香水」。
御香宮神社の名称の由来となった湧水で、
名水百選に認定されたもの。

この御香宮神社には、
伏見奉行所の庭園が再現されています。
場所は社務所の裏ということで、
見学には参観料が必要。

遠州公ゆかりの石庭」。
伏見奉行所は薩摩藩兵からの砲撃により焼失。
奉行所内の庭園も手水鉢庭石が変色、
破壊されるなどの被害を受けています。
跡地に市営団地を建設する際、この庭園の一部が見つかり、
発掘された庭石を使って社務所裏に石庭を再現しました。

この伏見奉行所の庭園は、
江戸時代初期に小堀政一によって造られたもの。
小堀は伏見奉行に就任した際、奉行所の改装を命じられ、
建物と同様に庭園を造りました。
小堀は庭造りに長けており、将軍徳川家光が上洛した際に、
この奉行所に宿泊していますが、その庭園の見事さに感心し、
褒美として5000石を小堀に与えています。

最後の伏見奉行は、請西藩藩主林忠交
安政6年に伏見奉行に就任しています。
慶応2年、坂本龍馬三吉慎蔵らを捕縛するため、
捕方30人程を寺田屋に派遣しますが、
取り逃がして薩摩藩邸に逃げ込まれました。
これに伏見奉行所は、薩摩藩邸に引き渡しを求めますが、
薩摩藩側は拒否しています。
忠交はその翌年、奉行在任中に病死しており、
幕末の最末期のごたごたにより、
後任は選ばれませんでした。

ちなみに林忠交の死後、
国元の請西藩主を継いだのは忠交の甥林忠崇
彼は藩主の身ながら脱藩し、
藩士70名と共に旧幕府軍に合流しました。
この件によって請西藩は改易となりますが、
これは諸藩で唯一の例です。

■関連記事■
京都府京都市 京都所司代跡
  京都の治安維持を担当した幕府の機関。
京都府京都市 京都西町奉行所跡
 京都町方と周辺天領の支配を行った所司代の下位組織。
京都府京都市 二条城
 徳川幕府の始まりと終焉の場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。