奈良県奈良市 柳生陣屋跡

柳生新陰流将軍家御流儀として栄え、
代々柳生藩主が将軍の剣術指南役を務めました。
その役目から藩主は常に江戸に定府しています。

藩祖柳生宗矩は、上泉信綱の弟子柳生石舟斎の子で、
豊臣秀吉政権時に所領を失った父と共に放浪。
石舟斎が徳川家康無刀取りを披露した事から、
宗矩は家康に仕える事となり、
関ケ原の戦いや大坂の陣にも従軍し、
順次加増されて柳生藩を立藩しました。

宗矩は三代将軍徳川家光兵法指南役となり、
以後も代々の指南役を務め、
柳生藩は1万石の小藩ながら幕閣で重きを成します。

訪問時はあいにくの雨でした。

史跡公園」。
柳生藩の藩庁は柳生陣屋
現在は「史跡公園」として整備されています。
宗矩がこの地に陣屋を建て、
3代柳生宗冬が増築していますが、
火災によって陣屋は全焼してしまい、
以後は仮設の建物のままだったという。
定府大名であった為に藩主のお国入りはなく、
陣屋は領地の行政を行うのみでしたので、
御殿は必要無かったのでしょう。


柳生陣屋跡」碑と、顔出パネル
柳生新陰流といえば、柳生石舟斎と柳生十兵衛でしょう。
石舟斎は柳生新陰流の創始者で、自ら編み出した無刀取りで、
上泉信綱から新陰流兵法二世の印可状を得ています。
そして十兵衛は云わずと知れた隻眼の剣豪で、
一昔前は千葉真一が扮して一世を風靡していました。


屋敷があった辺り。
礎石が残っていますが、
整い過ぎているので修復されたものでしょう。
でもこういうのがあれば、
どんな建物か創造しやすいですね。

幕末の柳生藩は、代々指南役を務めていた事から、
江戸藩邸では佐幕的な指向が強かったようです。
とはいえ所領が大和であった事から、
国元の藩士達は勤皇寄りでした。

大政奉還王政復古の大号令が発せられた後、
藩主柳生俊益以下、江戸詰藩士達は柳生へ帰国。
先祖の恩を報いようとする佐幕の江戸詰藩士達と、
既に勤皇にまとまった国元藩士達の間で軋轢が生じ、
また江戸と柳生の習慣の違いもあり、
やがて両者は対立します。

佐幕派の江戸詰藩士達は、
国元の藩士達を亜相亜臣として排除を計画。
紫ちりめんを用いる」という合言葉を用い、
柳生新陰流では戦闘の後で、刀についた血糊を拭う為、
紫ちりめんの布を鍔に括り付けています。
つまり「紫ちりめんを用いる」ということは、
暗殺を意味しました。

習慣が違うとはいえ、同じ柳生新陰流の国元の藩士達は、
江戸詰藩士達が使う合言葉で計画を察知し、
国家老小山田三郎助松田権太夫らは先手を打ちます。
京都へ赴く藩主に随行する江戸詰藩士らを、
一人ずつ呼び戻しては監禁。
江戸家老広瀬小太夫を切腹させ、
江戸詰藩士らを拷問しました。
結局、拷問によって8名が死亡(病死と記録)し、
柳生藩の佐幕派は壊滅。
9名もの犠牲者を出して柳生藩は勤皇にまとまり、
藩主俊益も勤皇に転向。
この騒動は「紫ちりめん騒動」と呼ばれています。

【柳生藩】
藩庁:柳生陣屋
藩主家:柳生家
分類:1万石、譜代大名(定府)

■関連記事■
佐賀県小城市 小城陣屋跡
 初代小城藩主元茂は宗矩に一子相伝の秘儀を伝授されたという。
萩市 長寿寺(入江九一などの墓所)
 長州藩の柳生新陰流指南内藤作兵衛の墓所。
奈良県奈良市 芳徳寺(柳生藩主柳生家墓所)
 柳生藩柳生家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。