奈良県奈良市 芳徳寺(柳生藩柳生家墓所)

芳徳寺柳生家の菩提寺で、
初代藩主柳生宗矩によって開基され、
沢庵宗彭の開山により創建しました。
元々は柳生家本拠地であった柳生城のあった場所で、
宗矩が父柳生石舟斎の菩提を弔うために建てたものです。


芳徳寺本堂」。
本尊の釈迦三尊像のほか、
沢庵和尚や宗矩の坐像が安置されており、
柳生十兵衛筆の「月乃抄」も所蔵されているようです。

本堂の脇を通って柳生一族の墓所へ。

柳生家墓所」。
柳生家の墓所は元々同郷の中宮寺にあったようですが、
芳徳寺の創建に伴ってここに改葬され、
以後は柳生家墓地として80基余りの墓石が並びます。


墓所はそれほど広くはありません。
しかも全体的に奥側に寄っている感じ。


西江院殿前但州太守大通宗活大居士」。
初代藩主柳生宗矩の墓。
剣豪として大名となった唯一の人物。
もちろん為政者としての才能もあったようで、
徳川幕府の初代惣目付を務めた他、
奉行などの役職もこなしました。
宗矩の「活人剣」の思想は、その後の太平の世において、
武士に武士を忘れさせなかったという功績は大きい。
幕末期の諸外国からの威嚇に、日本が対抗できたのは、
武士階級が戦う事を忘れていなかったからというのが、
大きな要因のひとつではないでしょうか?


長岩院殿金甫宗剛大居士」。
2代柳生三厳の墓。
隻眼の剣豪柳生十兵衛として知られています。
3代将軍徳川家光の小姓でしたが、
家光の勘気に触れて蟄居となり、
その後、11年も江戸を離れていました。
この間、国元に帰って兵法の研鑽に明け暮れていたとされ、
また伝説では、諸国を巡って武者修行をしていたとも。
宗矩の死後、所領は遺言によって兄弟で分けられ、
三厳は8300石を相続し、
弟の宗冬に4000石が与えられます。
これによって1万石を下回った為に、柳生藩は消滅。
その後、三厳の急死によって断絶となりますが、
宗冬は一旦4000石を返上し、三厳の所領を継ぎました。

その後、宗冬は加増によって大名となり、
柳生藩は復活しています。


大機院殿前備州刺史智峯紹転大居士」。
10代藩主柳生俊章の墓(左)と、
陽徳院殿前但州刺史剛巌宗健大居士」。
12代藩主柳生俊順の墓(右)。


大源院殿備州刺史天真紹性居士」。
11代藩主柳生俊能の墓。

江戸後期の柳生藩主の墓は10~12代とあるものの、
肝心の幕末期の藩主柳生俊益の墓はここには無い。
東京都練馬区の広徳寺の柳生家墓所にあるようですね。

■関連記事■
佐賀県小城市 小城陣屋跡
 初代小城藩主元茂は宗矩に一子相伝の秘儀を伝授されたという。
萩市 長寿寺(入江九一などの墓所)
 長州藩の柳生新陰流指南内藤作兵衛の墓所。
奈良県奈良市 柳生陣屋跡
 柳生藩柳生家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。