千葉県我孫子市 布佐代官所陣屋跡

徳川幕府の本拠地関八州の直轄領の行政は、
関東郡代によって治められていましたが、
江戸後期に関東郡代は廃止され、
関八州見廻役関東取締出役が置かれました。

しかし幕末の不穏な動きに対応できなくなり、
元治元年の天狗党の乱で関東地方が乱れた事により、
同年に再び関東郡代が設置されています。

その後、関東郡代に代わって関東在方掛が設置され、
上野国群馬郡に岩鼻陣屋が置かれ、
上野国、下野国・武蔵国及び、足尾銅山を支配。
下総国相馬郡に布佐陣屋が置かれ、
岩常陸国、下総国、上総国、安房国を支配しました。
この関東在方掛は関東郡代よりも職権が強化され、
旗本知行地でも同等の権限があったようです。

仕事終わりの夕方。日は沈みかけていましたが、
どうにか日没前にたどり着く事が出来ました。

気象台記念公園」。
布佐代官所の陣屋跡は、
現在気象台記念公園となっています。
幕府崩壊後はた熊本藩兵によって接収され、
近隣の治安維持の拠点になりました。
明治以降の使用方法はよくわかりませんが、
昭和13年から平成11年まで、
布佐気象送信所が設置されたようで、
公園名はその事から名付けられています。
ちなみに、この布佐気象送信所には、
作家の新田次郎も務めていたらしい。


アメダス」。
気象台は撤去されましたが、
代わりに公園内にアメダスが設置され、
気象観測は続けられているようです。


公園内は結構広い。
土塀が残っているらしいのですが、
どれがそうなのかさっぱりわからない。
代官所陣屋の敷地はこの公園から、
東側の平和台病院のあたりまでだったようで、
時間的にも探している暇はありませんでした。

気象台記念公園もいいですが、
かつて天領陣屋があったという碑等が欲しいところ。
何も無い所にこそそういうものが、
必要なんじゃないかと思いますね。

■関連記事■
東京都千代田区 北町奉行所跡
 江戸町方を取り仕切った北町奉行所跡。
東京都千代田区 南町奉行所跡
 江戸町方を取り仕切った南町奉行所跡。
神奈川県横浜市 神奈川奉行所跡
 横浜港開港に際して設置された奉行所跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。