京都府舞鶴市 田辺城跡

田辺城細川幽斎によって築かれた平城で、
はじめ宮津城を本拠としていましたが、
隠居して子の細川忠興に家督を譲った際に、
隠居城として移りました。
また別の説として、宮津城から本拠を田辺城に移し、
隠居した際に田辺城を忠興に譲って、
幽斎は宮津城に入ったという正反対の説もあります。

徳川家康上杉家と戦う為に会津に向かった際、
忠興もそれに従軍しましたが、
石田三成はこれを好機と捉えて大坂城で挙兵。
近畿諸国の制圧を開始して、
細川家の治める丹後国に侵攻しました。

僅か5百余名の細川勢は、これに対抗する為、
籠城策を執って宮津城を自焼させて田辺城に集結。
1万5千余の兵力で包囲されて落城寸前となりますが、
朝廷より講和を命じる勅命が両軍に下り、
開城した幽斎ら細川勢は、丹波亀山城に預けられています。

その後、関ケ原の戦いが東軍勝利で幕を閉じ、
忠興も136の首級を挙げる活躍を見せ、
論功行賞で中津藩に加増転封。
丹後国は京極高知に与えられました。

高知は自焼して廃城となっていた宮津城を再建して、
本拠を宮津城に移したために、
田辺城は廃城となっていましたが、
高知の隠居の際、嫡男京極高広に宮津7万5千石を与え、
甥の京極高信峰山1万3千石、
次男京極高三に田辺3万5千石を分与しています。

高三は廃城となっていた田辺城を再建。
以後、3代続いて豊岡藩へ転封となりました。


田辺城大手門」。
現在の田辺城跡は「舞鶴公園」として整備されており、
本丸跡二ノ丸跡の一部がその敷地となっています。
平成4年に再建された櫓門ですが、
建てられた位置は堀であった場所とのこと。


彰古館(田辺城資料館)」。
昭和15年に再建された二重櫓で、
甲冑具足等の展示や、
田辺城の資料が無料で見学できます。


広い公園内。
本丸跡と二ノ丸跡の一部で、
堀が埋められて更地となっています。


心種園」。
公園内の日本庭園
細川幽斎は武人でありながら、
古今和歌集秘事口伝伝承者であったため、
籠城戦で幽斎が討死すれば、奥義が廃絶してしまう為、
これを憂慮した後陽成天皇は勅使を送り、
幽斎に開城降伏を勧めました。
しかし幽斎は謝辞して、勅使に古今伝授の秘伝書と、
いにしへも今もかはらぬ世の中に
     こころの種を残す言の葉

という和歌一首を託しました。
この秘伝書を伝えた場所が、この場所だとされ、
庭園名はこの時の和歌に由来しています。

京極家が豊岡藩に転封となった後、
代わって牧野親成が3万5千石で田辺藩に入り、
以後は田辺藩牧野家が廃藩置県まで治めました。

幕末の田辺藩主牧野誠成は、大坂加番奏者番を務め、
藩兵は禁門の変では、御所の警備、
第一次長州征伐では、将軍徳川家茂の警護を担当。
第二次長州征伐では、海防を理由に待機しています。
大政奉還後は静観していましたが、
鳥羽伏見の戦い旧幕府軍が敗れると、
新政府に恭順の意を示しました。

明治2年の版籍奉還の際、
維新立藩した紀伊田辺藩との混同を避ける為に、
田辺城の別名舞鶴城の名を取り、
舞鶴藩と改称しています。

【田辺藩→舞鶴藩】
藩庁:田辺城
藩主家:信成流牧野家
分類:3万5000石、譜代大名

■関連記事■
京都府宮津市 宮津城跡
 隣藩の宮津藩本庄松平家の居城跡。
兵庫県豊岡市 豊岡陣屋跡
 元田辺藩主家の高三流京極家の陣屋跡。
京都府福知山市 福知山城
 隣藩の福知山藩朽木家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。