兵庫県豊岡市 豊岡陣屋跡

京極高次の弟京極高知は、
関ヶ原の戦いで東軍として戦い、
藤堂高虎隊と共に大谷吉継隊を相手に奮戦。
丹後12万3千石を与えられて国持大名となり、
京極丹後守を称しました。

高知の隠居後、
嫡男の京極高広宮津7万8千石を、
三男の京極高三が田辺3万5千石を 、
甥の京極高通が峰山1万石を継いで、
それぞれが大名となります。

田辺藩を立藩した高三流京極家でしたが、
3代藩主京極高盛の時代に豊岡に転封。
この経緯は定かではありませんが、
田辺城を持つ高三流京極家は、
豊岡に転封された際に無城大名へ降格しました。
しかしこの転封は僅かながら加増が成されており、
陣屋の建築費も幕府から与えられている事から、
この転封による加増と降格は懲罰的なものではなく、
何らかの意図があったと推測されています。

豊岡の地は、山名家の出城である城崎城があった地で、
山名家が滅ぶと秀吉配下の宮部継潤に与えられていました。
城崎城は改修されて豊岡城と改められ、
江戸時代に入ると杉原長房豊岡藩を立藩していますが、
3代杉原重玄の早逝により無嫡断絶で改易。
豊岡は幕府天領となって豊岡城は廃城となり、
高三流京極家の入封の際に、
豊岡城の山麓部分に陣屋が建てられています。


豊岡市立図書館(富岡陣屋跡)」。
富岡陣屋の跡地は、富岡市立図書館となっています。
巨大な門が残されてはいますが、
これは富岡陣屋の遺構ではなく、
久美浜県庁の門であったものが移築されたとの事。
跡地の遺構は皆無ですが、
陣屋表門が出石町内の福成寺に移築されており、
その他の陣屋門も長松寺慈等寺に移築現存しています。


大石陸女誕生之地」碑。
豊岡藩筆頭家老石束家は、大石内蔵助の妻理玖の実家。
赤穂藩主浅野長矩が高家旗本の吉良義央を斬り付け、
即日切腹の上、赤穂藩はお取潰しとなりますが、
赤穂城の開城後、大石が開城残務処理を担当している間、
大石の4人の子らと理玖は、豊岡藩の実家へ帰ってます。
その後、山科で再び同居しますが、
討入の盟約は妻子にも話さないという原則であった為、
大石は理玖には討入の事は伝えずに再び豊岡に返し、
連座が及ばぬように離縁しました。
その後、大石は見事に討入を遂げて切腹となり、
残された理玖は三男の大三郎を出産。
世間で大石の討入が賞賛されだすと、
広島藩が大石の遺児を家臣に欲しがった為、
浅野宗家に仕官して、広島に移り住んでいます。

豊岡藩京極家は、4代京極高寛の無嫡断絶により、
一時改易となりますが、隠居していた2代藩主京極高住が、
高寛の弟京極高永の相続を幕府に運動して、
1万5千石に減封されながらも、家督相続が許されました。

幕末の豊岡藩は、生野の変に出兵し、
平野国臣横田友次郎らを捕縛する功績を挙げています。
また特筆するべきは、
明治時代に旧豊岡藩から文部大臣2名輩出している事。
薩摩藩と旧幕臣以外で2名の文部大臣を出したのは、
諸藩の中で旧豊岡藩のみであり、
その他、帝国大学教授も多く輩出しており、
高等学校教育関係者も最も多いとされ、
但馬は明治教育者の名産地」とも称されています。
※旧出石藩も含む。
この要因としては、藩費遊学生の多さや、
その遊学先としての慶應義塾との結びつき、
そして京極家自体が宇多天皇の系譜で文化的性格を持ち、
藩主に歌人俳人も多く、教育に熱心であった事。
雄藩に独占されていた政治、軍事の分野を捨て、
教育分野に活路を見出した事も挙げられます。

【豊岡藩】
藩庁:豊岡陣屋
藩主家:高三流丹後京極家
分類:1万5000石、外様大名

■関連記事■
兵庫県豊岡市 出石城跡
 近隣の出石藩仙石家の居城跡。
京都府福知山市 福知山城
 福知山藩朽木家の居城跡。
広島県広島市 国泰寺跡
 長州征伐の幕軍本営にもなった寺。かつて理玖の墓がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。