京都府福知山市 福知山城

福知山城は、織田信長中国攻めの際に、
丹波国を平定した明智光秀によって築城され、
女婿の明智秀満に与えられます。

本能寺の変で光秀が信長を倒した際は、
秀満は先鋒として本能寺を襲撃。
その後は安土城を抑えていましたが、
山崎の戦いで光秀が羽柴秀吉に敗れたと知って、
安土城を退去して坂本城に入り、
堀秀政に包囲されて自刃しています。

福知山城は丹波亀山城と共に羽柴秀勝に与えられ、
その後杉原家次が城主となった後、
小野木重勝が城主となりました。
重勝は関ケ原の戦いでは西軍であり、
細川幽斎が守る田辺城を攻撃。
降伏させて田辺城は明け渡されましたが、
関ケ原本戦が東軍勝利に終わった為、
重勝は福知山城に引き上げ、
逆に幽斎の子細川忠興に福知山城を攻められ、
開城のうえ自刃させられています。


福知山城本丸跡」。
福知山城は廃藩置県後に廃城となり、
建物は全て取り壊されています。
その後、本丸跡が公園化されて、
昭和61年に天守等が再建されました。

本丸跡に登る前に二ノ丸跡へ。

京都地方裁判所福知山支部(二ノ丸跡)」。
本来の福知山城は、
本丸、二ノ丸、伯耆丸が連なる連郭式平山城で、
二ノ丸に御殿が建てられて政庁となっていました。
廃城後、二ノ丸台地が削り取られて平地となり、
現在は本丸跡と伯耆丸跡の間が無くなっています。

この二ノ丸台地が削り取られた理由は、
陸軍福知山連隊が駐屯地から演習場に行く際、
二ノ丸台地が邪魔だったので削ったという。

削り取られて遺構は皆無の二ノ丸跡から、
公園化された本丸跡へ。

福知山城」跡碑。
二ノ丸跡がすっかり無くなっているとはいえ、
本丸跡は綺麗に整備されており、
往年の姿が蘇っています、
今年の大河の影響もあってか、
平日ながら観光客も結構いる様でした。


福知山市佐藤太清記念美術館」。
本丸脇に建てられている隅櫓風の美術館で、
福知山城本丸の一部のように馴染んでいます。

ここから緩やかな坂を登って登城。

銅門番所」。
福知山城唯一の現存建築物で、
元々は二ノ丸銅門脇にあった番所でした。
一時天守台に移築されていましたが、
天守閣の再建により再度移築されています。


天守」。
昭和61年に再建されたもので、
脇に小天守を付属させた連結式望楼型。
鉄筋コンクリート造で、
中は郷土資料館となっています。


天守台石垣」。
石垣には普通の石に交じって、
五輪塔宝篋印塔がふんだんに使われています。
これらは「転用石」と呼ばれており、
周辺の寺院や墓地を破壊して石材が調達され、
福知山城の石垣に転用されました。


豊磐井」。
本丸に設置されていた巨大な井戸で、
深さは50mで城郭本丸内で日本一の深さという。
海面下7mもあって現在も水を湛えています。


朝暉神社」。
福知山藩朽木家の藩祖朽木稙綱を祀る神社で、
初代朽木稙昌が福知山に入封した際、
城内に社を建立した事に始まり、
11代朽木綱條の代に城南の岡ノ段に移鎮。
廃藩後、13代朽木為綱が岡ノ段の神社を撤収し、
堀村の自宅住居で祀っていましたが、
明治14年に町民らの要望によって天守台跡に再建。
さらに天守が再建される際に現在地に置かれました。

福知山城は小野木重次の自刃後、
東軍に属した有馬豊氏に与えられ、
6万石の有馬家福知山藩が立藩しています。
豊氏はその後の大坂の陣でも戦功を挙げ、
20万石に加増されて久留米藩に転封。
一時天領となって後、岡部長盛稲葉紀通が入封。
再び天領となった後、松平忠房を経て朽木稙昌が入り、
以後、13代朽木家が支配して廃藩置県に至ります。

幕末の福知山藩は、藩主朽木綱張が奏者番を務め、
摂津の海防警備や京都警備に兵を派遣した他、
長州征伐にも出兵しています。
福知山藩は慢性的な財政難に陥っていたようで、
家老原井惣左衛市川儀右衛門関三蔵らが、
財政改革として倹約令の他に、
領民に重税を課し、更に専売制を敷いた為、
大規模な百姓一揆が発生して、
城下が包囲されるという事態となりました。
藩は事態の早期収拾を図り、
領民らの要求を全て受け入れ、
原井、市川は切腹、関は追放処分となっています。
※万延強訴(市川騒動)。

綱張は慶応3年に死去し、
代わって藩主となった朽木為綱は、
鳥羽伏見の戦い後に、山陰道鎮撫使に降伏。
丹波、丹後などの幕領の接収を命じられました。

【福知山藩】
藩庁:福知山城
藩主家:朽木家
分類:3万2000石、譜代大名

■関連記事■
京都府亀岡市 丹波亀山城跡
 福知山城と同じく明智光秀が丹波攻略の際に築城。
福岡県久留米市 久留米城跡
 福知山藩主であった有馬豊氏は久留米に加増転封されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。