京都府亀岡市 丹波亀山城跡

丹波亀山城は、明智光秀が丹波攻略の際に築いた城で、
この丹波亀山城の築城によって、
現在の亀岡が始まったとされています。
※本来は丹波亀山城ではなく亀山城ですが、
 伊勢亀山城との混同を避ける為に、

 文中では丹波亀山城に統一しています。

光秀は本能寺の変を起こして羽柴秀吉に討たれ、
その後、丹波亀山城は羽柴秀勝が城主となりましたが、
秀勝は早逝してしまい、代わって豊臣秀勝が入封となり、
以降は転封によって短期間で数人が城主となっています。

秀吉が天下を統一して豊臣政権が確立すると、
京都所司代前田玄以に亀山が与えられ、
関ヶ原の戦い後も所領が安堵され、
丹波亀山藩が設立されましたが、
玄以は2年後に死去。
次代前田茂勝八上藩へ転封となって、
亀山は天領となりました。

その後、豊臣方の牽制の為に岡部長盛が入封し、
亀山城の改築及び城下町の整備が行われています。
以後は大給松平家菅沼家藤井松平家
久世家井上家青山家と変わり、
形原松平家が移封されて藩主家が落ち着き、
以後、8代続いて明治維新を迎えました。

丹波亀山城の建造物は、廃藩後に払い下げられて売却。
その後、跡地は荒廃していましたが、
大本教の教祖出口王仁三郎がこれを購入し、
宗教施設として整備されています。
その後、宗教施設化していた丹波亀山城は、
大本事件の過程で亀岡町に譲渡され、
政府の手によって施設や石垣等が破壊されていますが、
戦後に再び大本教の所有となり、
現在も大本教の聖地となっています。
※大本教の正式名称は「大本」で「」は付きませんが、
 文面的にわかりやすくする為に、

 文面中は「大本教」としています。


大本みろく会館」。
丹波亀山城は現在、天恩郷という神苑となっています。
こういうパターンは初めてで戸惑いながら、
大本みろく会館の受付に行って、
お城を見学したいのですけど・・」と言うと、
はいどうぞ」と普通にパンフをくれました。


神苑だけに立ち入りが禁止されている場所は多い。
それは仕方ないですね。


万祥殿」。
この日、何かの儀式が行われており、
※たぶん偉い人の葬儀。
多くの信者さんが喪服を着て参列していました。
僕の恰好はTシャツ&短パン
超場違いなのですが、
万祥殿の横を通らねば城跡には行けない。
出来るだけ目立たないようにすり抜けました。


万祥殿を過ぎて門を2ヶ所くぐると、
石垣が見えてみます。


綺麗に石垣が組み上がっていますが、
教祖が購入した際は荒れ果てて石垣も崩れていたという。
それを信者らが積み直したそうですが、
大本事件で再び破壊され、
再度大本教の所有となった後に修復されたもの。
宗教施設だけあって綺麗に整備が成されていますが、
教祖が購入した際に多くの改変がなされているようで、
石垣の様子が藩政時代と同じものかはわかりません。


石垣の上は禁足地となっており、
立ち入る事はできません。
聖域ですので仕方ないですね。
以上で訪問は終了。

丹波亀山藩7代藩主松平信義は、
寺社奉行奏者番を務め、
安政の大獄にも関与しています。
この件で天誅の対象となり、
水戸浪士落合慵之助に狙われました。
※落合は捕らえられて暗殺未遂に終わる。
その後老中に昇進し、生麦事件の賠償金問題、
薩英戦争の事後処理で英国との交渉に当たっています。
※信義ははじめ信篤と名乗っていましたが、
 篤姫が御台所となった際に恐れ多いと改名しました。

慶応2年に就任した最後の藩主松平信正も佐幕派で、
山城国警備などに藩兵を派遣しました。

慶応4年1月3日。
鳥羽伏見の戦いの勃発を知った亀山藩は、
慌てて4~500人の藩兵を京都へ向けましたが、
新政府より「朝敵になる」と脅されて、
引き下がっています。

新政府軍は大坂進軍と同時に、
山陰道鎮撫総督として西園寺公望を派遣。
西園寺は馬越村に本陣を置いて、
地元名士中川家人見家がこれに協力。
桑田郡や船井郡の地侍達を掌握し、
丹波弓箭組郷士も戦列に加わりました。
丹波亀山藩は、馬越村の本陣に使者を送りますが、
誠意がみられないとして鎮撫兵が丹波亀山城に進軍。
丹波亀山藩は誓書を差出して降伏し、
山陰道鎮撫総督府の指揮下に入ります。

明治2年、丹波亀山藩は伊勢亀山藩との混同を避ける為、
亀岡藩への改称を新政府に届けています。

【丹波亀山藩→亀岡藩】
藩庁:丹波亀山城
藩主家:形原松平家
分類:5万石、譜代大名

■関連記事■
三重県亀山市 伊勢亀山城跡
 同じく亀山城の名を冠する伊勢亀山藩の藩庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。