京都府福知山市 圓覚寺/福知山藩朽木家墓所

円覚寺福知山市にある曹洞宗の寺院。
慶長13年(1608)創建とされます。


本堂」。
本堂は天保15年(1844)の再建。
本尊は如意輪観音菩薩ですが、
毘須羯摩作の文殊菩薩尊像もあり、
17年毎に開帳される秘仏とのこと。


朽木家墓所」。
福知山藩主朽木家の墓所。
寺域北側にあります。
朽木家の歴代墓所は江戸の泉岳寺でしたが、
圓覚寺のHPによれば今は無いとのこと。


徳壽院殿本覺桃源大居士」。
福知山藩7代藩主朽木舖綱の墓。
5代朽木玄綱の長男として生まれますが、
家臣団は一族の朽木綱貞の擁立し、
6代藩主は綱貞が就任します。
その後に綱貞は舖綱を養嫡子とし、
綱貞の隠居に伴い舖綱は家督を相続。
藩政改革を積極的に進めており、
学問を推奨しましたが、
僅か7年の治世の後に死去しました。
著書に擬独語豪徳公詩集があります。


従五位下朝散大夫前近江守朽木綱張墓」。
福知山藩12代藩主朽木綱張の墓。
膳所藩12代本多康禎の次男に生まれ、
11代朽木綱条の婿養子となり、
義父の死去に伴い家督を相続しました。
原井惣左衛門を中心に財政再建が行われ、
原井に才覚を買われた市川儀右衛門と共に、
領民に重税を課す悪政を敷き、
万延の強訴と呼ばれる大規模一揆が発生。
藩は一揆勢の要求を全て受け入れ、
原井と市川は切腹となっています。
幕政では奏者番を2度も務めており、
禁門の変長州征討に出兵していますが、
慶応3年に中風で死去しました。

上記の二藩主は福知山で死去しています。


麗香院殿露含蘭英大姉」。
13代朽木為綱正室恒姫の墓。
六浦藩7代米倉昌寿の娘で、
兄の朽木紘綱は12代綱張の養嫡子でしたが、
家督相続前に早世してしまいます。
その為に幼い綱張の子朽木為綱が嫡子となり、
紘綱の妹恒姫を娶って正室とし、
米倉家との関係を深めました。
恒姫は文久の改革による制度緩和で、
福知山領に移住したようですが、
維新後の明治3年に20歳の若さで、
福知山で死去したようです。

■関連記事■
京都府福知山市 福知山城
 福知山藩朽木家の居城跡。
東京都港区 泉岳寺
 朽木家の江戸菩提寺(非公開)。