兵庫県豊岡市 出石城跡

出石城は、有子山の山麓に築かれた城で、
但馬国守護山名祐豊が築いた有子山城の下館を、
小出吉英が出石城として整備したもの。

吉英は宗家の岸和田藩を継ぎ、
出石藩は弟の小出吉親が継いでいますが、
この出石藩小出家は藩主の早逝が相次ぎ、
9代小出英及が3歳で死去したことにより、
無嗣断絶となってしまいます。

代わって 藤井松平家の松平忠周が入封しますが、
上田藩に移封され、上田藩から仙石政明が入封。
以後、仙石家が8代続いて廃藩置県を迎えました。


登城橋」と「登城門」。
出石城は上記した様に有子山の山麓にある城で、
曲輪が階段状に配置されたシンプルな構造。
藩庁のあった三ノ丸跡は観光地化されていますが、
下郭、二の丸、本丸、稲荷丸は保存されており、
当時の出石城の雰囲気を残しています。


下郭跡」。
登城門をくぐって最初の下郭跡には、
石碑が数多く建てられています。
明治以降の事変に記念碑や忠魂碑の他、
なんだかよくわからない碑もあり、
とりあえずは幕末関係と特定できるもの探す。


贈従四位多田彌太郎君
 贈正五位高橋甲太郎君
 贈従五位中條右京君 碑
」。
生野の変に参加した出石藩士三名の碑。
多田弥太郎は、出石藩校弘道館寮長を務め、
長崎で高島秋帆に西洋の砲術を学び、
自ら木製大砲を制作して城下で実射しています。
執政堀新九郎父子を糾弾した為、
8年の間幽閉され、文久2年に赦免。
文久3年に高橋甲太郎中條右京と生野の変に参加。
幕府の迅速な行動によって窮地に立たされ、
総帥沢宣嘉と共に落ち延びますが、
別行動を取って城崎で出石藩兵に捕縛され、
護送される途中に刺殺されています。

高橋は、沢と共に長州へ落ち延び、
中條は落ち延びる途中で農兵に殺されました。


故出石気多郡長西山君紀功碑」。
出石気多郡長西山員直の顕彰碑。
元出石藩士で、維新後は藩少参事を務め、
廃藩置県後は豊岡県に出仕して、
気多郡長等を務めています。


二の丸跡」。
下郭跡の上は二の丸跡。
桜が植えられている他は何もありませんが、
広々として日当たりも良く、
花見には最適であろうなと感じました。


本丸跡」。
二の丸跡の次は本丸跡。
本丸及び二の丸には御殿が建てられていたようで、
その間には階段状の渡り廊下があったとされますが、
イマイチどこにあったのか想像できません。


東隅櫓」。
本丸の両端には隅櫓が再建されており、
非常に良い雰囲気を醸し出しています、


西隅櫓」。
この二棟の櫓は模擬櫓との事ですが、
実際に建てられていた櫓とそれほど変わりない櫓が、
当時も建てられていたのではないでしょうか?


感応殿」。
出石藩仙石家の藩祖仙石秀久を祀る神社。
仙石秀久は漫画「ゼンゴク」の主人公で、
最近は知名度が上がっているようです。
豊臣秀吉の最古参の家臣で、
秀吉家中で最も早く大名になっていますが、
九州征伐で独断先行した為に大敗を喫し、
秀吉の怒りを買って改易となり高野山に追放。
その後、小田原征伐の際に浪人らを率いて馳せ参じ、
抜群の戦功を挙げて秀吉に許されて大名に復帰。
名護屋城築城や石川五右衛門の捕縛で功を上げ、
秀吉の死後は、復帰の際の恩のある徳川家康に接近し、
第二次上田合戦徳川秀忠と共に戦っています。
この縁で秀忠から厚い信頼を得るに至り、
秀忠が将軍になってからは、特に重用されました。

この出石城は本丸のさらに上に郭があり、
稲荷丸と呼ばれています。

稲荷社のお約束である連なる鳥居を登り、
稲荷丸へ。


有子山稲荷神社」。
本丸のさらに上部の郭に鎮座する稲荷神社。
出石城は本丸より高い位置に郭のある珍しい造り。
江戸時代を通じて庶民も参拝できたという。
庶民は本丸の横を通り過ぎて、
稲荷神社に参拝するのですから平和ですね。
もっとも、既に藩政の中枢は三ノ丸でしたので、
それほど機密では無かったのでしょう。


稲荷丸よりさらに登山口を登ると、
山頂の有子山城に至ります。
出石城は有子山城の山麓の郭部分を改修したもので、
有子山城時代から、平時は山麓の居館に、
城主が住んでいたらしい。

出石城を降りて、昼食。
出石といえば出石そばです!

出石そば」。
一人前を5皿に分けるのが出石そばのスタイル。
幕末頃にこのスタイルとなったようで、
屋台で手塩皿の蕎麦を提供したことに始まります。
藩主の仙石家が上田藩から出石藩に転封した際、
上田から蕎麦職人を連れて来た事から、
出石で蕎麦が広まったという。

江戸時代後期、出石藩は財政が極端に逼迫しており、
筆頭家老で改革派の仙石左京と保守派家老仙石造酒が、
財政再建で対立し、藩主仙石政美は左京を支持し、
積極的な改革を推進させます。
藩士俸禄の借上や、藩営物産会所の設置、
運上金の値上げなどの改革を進めますが、
成果が上がらず、藩士や商人から反発が出た為、
政美は左京を罷免して造酒を登用しました。

しかしその直後、政美は参勤交代途中に急死。
隠居していた前藩主仙石久道が家臣を招集し、
後嗣を選定する会合を江戸で開きます。
国元の左京も筆頭家老としてこれに参加。
実子仙石小太郎も同伴させました。
造酒らは左京が小太郎を後嗣に推す事を危惧しますが、
何事もなく後嗣は久道の十二男仙石久利に決まり、
左京も久利の藩主就任に賛成しています。

その後も、藩政は造酒ら保守派が担いましたが、
派閥内で対立が起こり、乱闘騒ぎにまで発展。
騒ぎに責任を負って造酒らは隠居処分となり、
再び左京が藩政を掌握するに至りました。

左京は再度改革を進めますが、
これに保守派らは左京が小太郎を藩主に据えようと、
画策していると久道に直訴していますが、
久道はこれに取り合わず、反対に保守派を蟄居させ、
直訴の首謀者河野瀬兵衛を追放しています。

河野は一門の旗本仙石弥三郎に訴え、
これが久道正室軽姫の耳に入り、
改革の経費削減から耐乏生活を送っていた軽姫は、
これを信じて久道に左京の非道を訴えました。
久道は左京に軽姫から訴えがあったと伝え、
左京は軽姫に弁明し、河野を捕縛しています。
また河野に加担した旗本仙石家家臣神谷転の捕縛を、
婚戚の老中松平康任に頼み、南町奉行に実行させました。
神谷は虚無僧になって潜伏していましたが捕縛され、
これに神谷が所属していた一月寺寺社奉行に訴えます。

また軽姫は実家の姫路藩に嫁いだ徳川家斉の娘喜代姫に、
藩の騒動を訴えており、寺社奉行と喜代姫から、
出石藩の騒動は将軍の耳に入ることとなり、
寺社奉行が調査裁定に乗り出しました。
※取り調べは吟味物調役川路聖謨。
この裁定により左京は獄門
小太郎は八丈島流刑
左京に肩入れした松平康任は老中辞任。
出石藩は2万8千石の厳封となっています。

その後、藩政は幕府が推薦した堀新九郎が担当。
出石藩は堀の専横による政治が行われました。
これを快く思わなかった久利や継嗣の仙石政固は、
幕末の動乱によって幕府の影響力が弱まった事から、
堀の専横の罪で切腹させ、
以後は久利による親政が行われています。
仙石騒動

久利の上洛中に鳥羽伏見の戦いが勃発し、
戦いの勝敗を知った出石藩は、
いち早く新政府に恭順しました。

【出石藩】
藩庁:出石城
藩主家:仙石家
分類:3万石、外様大名

■関連記事■
愛知県西尾市 西尾城跡
 西尾城は本丸に御剱八幡宮があり、庶民が本丸に入れたという。
長野県上田市 上田城跡
 上田から蕎麦職人が出石に連れて来られました。
京都府福知山市 福知山城
 隣藩の福知山藩朽木家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。