愛知県西尾市 西尾城跡

西尾城西尾藩の藩庁。
その創建時期は明らかではありませんが、
松平(徳川)家家臣酒井正親が、
西尾城主であった事までは確認されており、
正親の子酒井重忠の代まで城主であったようです。

その後、徳川家康の関東移封に伴い、
豊臣秀次の宿老田中吉政に与えられました。
関ヶ原の戦いが起こると吉政は東軍に属し、
その功績により柳川32万石に加増転封され、
代わって譜代の本多康俊が2万石で入り、
以降は、大給松平家太田家井伊家増山家
土井家、三浦家と譜代大名が入れ替わり、
大給松平宗家が6万石で入って以降、
廃藩置県までに5代が続きました。


西尾城新門址」。
名鉄西尾駅から県道383号線を北西に進み、
西尾城跡を目指す登り坂の途中にあります。
西尾城の搦手門にあたる門で、
名の由来は文字通り新しい門だったから。
元々西尾城の東側には本町口門という門があって、
それが何らかの理由で廃止されて、
新たに櫓門が建てられました。


尚古荘」。
昭和初期に米穀商岩崎明三郎が造らせた京風庭園で、
西尾城東ノ丸の遺構を生かして作庭されたもの。


鍮石門」。
二ノ丸の表門。
西尾城が「西尾市歴史公園」として整備された際、
本丸丑寅櫓と共に復元されたもの。
その名から当時は真鍮の飾りが施されていた模様です。


二之丸広場」。
綺麗に芝生が整えられている二之丸広場には、
二之丸御殿が建てられていました。


天守台」。
二ノ丸に天守があったのは西尾城の特徴。
天守は三重櫓で南と東に多門櫓が付属していました。
この天守台は復元されたもので廃城の際には、
櫓だけでなく石垣も破壊されており、
この天守台は発掘された石垣を使って復元されています。


旧近衛邸」。
京都から二ノ丸の一角に移築された建物で、
その名のとおり左大臣近衛忠房の屋敷だったもの。
忠房の正室貞姫島津斉彬の養女で、
その関係からこの屋敷は薩摩藩が建てたものでした。
後に小松宮彰仁親王山階宮晃親王の別邸となり、
天理教が購入して河原町大教会となっています。
昭和60年に河原町大協会が改築されることとなり、
取り壊される予定でしたが、
西尾文化協会がこれを惜しんで移築したもの。
なかなかの経歴のある建物です。


御剱八幡宮」。
本丸内は、四隅の櫓を除いた建物は、
この御剱八幡宮だけであったらしい。
政務や藩主住居が二ノ丸ってパターンは結構ありますが、
本丸内の建物が神社だけってのはなかなか無いですね。

前記したように西尾城の築城は定かではありませんが、
鎌倉時代足利義氏が三河守に任じられ、
この地に西条城を築城したとされており、
義氏は西条城を築城が開始される際に、
御剱八幡宮に源時氏の宝剣髭切丸白旗を奉納したとされ、
その西条城が西尾城であったとも考えられています。

城下の産土神である伊文神社祇園祭では、
伊文神社からこの御剱八幡宮に神輿渡御が行われ、
その際には庶民も城内へ入る事が出来たという(!)。
マジっすか!
本丸に庶民が入れた城ってここだけかも??


西尾神社」。
こちらは戦後に建立されたもので、
地元出身の英霊が祀られています。


西尾城址」碑。
西尾城は本丸以外は完全に破壊されていましたので、
二ノ丸が再整備される前に建てたものでしょう。


秋山恬堂碑」。
秋山恬堂は西尾藩の儒学者。
下級藩士の次男ながら藩儒として取り立てられ、
江戸藩邸の学問所典学館の教授となり、
その後、西尾に帰郷して学問所の創設に尽力し、
藩校修道館が設立されると主任教授に任命されました。
維新後は権少参事となって西尾の発展に尽くし、
職を辞した後は、中学校の教官などを務めています。
この碑は門弟らが建立したものです。


戦死者勒名碑」。
西南戦争に従軍した幡豆郡の戦死者を讃えた碑。
題字が不思議な書体で読めなかったので、
後日西尾市文化振興課にメールで問い合わせると、
すぐに返信があって丁寧に教えて頂きました。


本丸丑寅櫓」。
天守のような三層櫓。
西尾城は廃城の際に石垣も破壊されましたが、
この丑寅櫓の石垣だけが、
御剱八幡宮の位置的な関係で残されました。
平成8年に鍮石門と共に復元され、
西尾城のシンボル的な役割を担っています。


西尾市資料館」。
西尾の歴史的資料を展示している資料館。
古墳時代から近代まで様々なものを展示しています。


西尾城姫丸門址」碑。
姫丸」という非常に珍しい名前の曲輪ですが、
その名称の由来は不明。
お姫様が住んでいた訳ではありません。
「2番目」とか「小さな」とかいう意味で、
付けられた名前ではないかとの事。
前記した御剱八幡宮への神輿渡御の際は、
御殿のある二ノ丸は通らずに、
この姫丸を通って本丸に行ったのでしょう。

姫丸の辰巳櫓跡には、3つの石碑が建てられていました。

關口長太郎碑」。
関口長太郎は旧西尾藩士で、
日本に割譲された台湾の教育のため、
7人の教師と共に芝山巌学堂を設立。
治安が悪化しても現地に残って授業を行っていましたが、
抗日ゲリラに襲われて惨殺されてしまいます。
この時に一緒に殺された教師の中には、
楫取素彦の次男楫取道明の含まれ、
彼らは「六氏先生」として現在も台湾で祀られています。


松田君碑」。
西尾警察署の巡査で、人家の出火現場に駆けつけ、
身を挺して消火にあたりましたが、
その際に倉庫が崩れて殉職。
その模範的職務活動を称えた碑ですが、
松田君とだけ説明されているので、名前がわからない。
まさか「君」が名前ではないですよねぇ。


筒井秋水碑」。
西尾出身の漢学者。明治初期には子弟の教育にあたり、
多くの逸材を育てたようです。
また、詩文に優れ、書家としても活躍しました。


最後に本丸丑寅櫓を別角度から。
この櫓は無料で中に入れるらしいのですが、
訪問時は開放時間を過ぎていたので入れませんでした。
凄く狭いらしいのですが、雰囲気が良いらしいです。

幕末の西尾藩主松平乗全は、将軍継嗣問題南紀派に属し、
徳川斉昭に譲歩した阿部正弘によって罷免されてます。
急死した阿部の死後に老中首座となった堀田正睦や、
大老井伊直弼によって再び推挙。
間部詮勝免職後は、老中首座にも就任していますが、
再び職を追われ1万石減封の上で隠居を命じられました。

次代藩主松平乗秩は、奏者番や寺社奉行を務め、
長州征伐にも兵を出しています。
大政奉還後は、佐幕派と勤皇派に藩論が分かれますが、
鳥羽伏見で幕軍が敗れると新政府に恭順し、
京都警護の兵を送っています。

【西尾藩】
藩庁:西尾城
藩主家:大給松平宗家
分類:6万石、譜代大名

■関連記事■
福井県丹生郡越前町 西尾藩飛地天王陣屋跡
 西尾藩の越前飛地陣屋。
愛知県西尾市 盛巌寺(松平乗全墓所)
 南紀派であった西尾藩主松平乗全の墓所。
愛知県西尾市 台嶺殉教之地
 西尾藩の牢獄跡。大浜騒動の関係者が斬首されています。
福井県丹生郡越前町 西尾藩飛地天王陣屋跡
 西尾藩飛地越前領の飛地陣屋。
大分県大分市 府内城跡
 同族の府内藩大給松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。