福井県丹生郡越前町 西尾藩飛地天王陣屋跡

明和元年(1764)、山形藩藩主松平乗祐大坂城代に就任。
山形藩と同じ6万石で西尾藩に転封となっていますが、
西尾とその周辺には2万7千石しかなく、
その不足分は越前国天領72ヶ村で補われました。

この飛地を統治支配する為に、
天王村の惣代内藤武左衛門の屋敷が仮陣屋とされ、
西尾藩の役人20名が赴任しています。

正式な陣屋の敷地は武左衛門が提供し、
着工から2ヶ月半で陣屋は完成。
その後、1世紀にわたり飛地領を統治しました。

三州西尾藩「天王陣屋」跡地」。
天王陣屋跡は公民館「陣屋の里」となっており、
敷地内に碑と藩主家の追福墓が建てられています。


松平和泉守霊位追福墓」。
西尾藩は飛地内で領民に対する仁政を心掛け、
災害の救援、防災の徹底、橋梁の修築、
潅概用水の整備、敬神、崇祖の鼓吹、
善行の褒賞などを行っていたという。
領民は廃藩後も西尾藩の仁政に敬慕の念を抱き、
明治9年に西尾藩松平家の追福墓を建立しました。

また陣屋跡より南にある日吉神社境内には、
仁政に尽くした代官を祀る磯野神社があり、
赴任中に死去した藩士の墓も周辺の實相寺にあり、
西尾市からも参拝に訪れているようです。

■関連記事■
愛知県西尾市 西尾城跡
 西尾藩大給松平宗家の居城跡。
愛知県西尾市 盛巌寺(松平乗全墓所)
 西尾藩主松平乗全の墓所。
愛知県西尾市 台嶺殉教之地
 西尾藩の牢獄跡。