愛知県西尾市 盛巌寺(西尾藩主松平乗全墓所)

幕末の西尾藩藩主松平乗全の墓所は、
西尾市の盛巌寺にあります。
譜代藩主の墓所が所領にあるのは、
比較的珍しいケースです。


盛巌寺」。
創建は天正18年。大給松平宗家6代の松平家乗が、
祖父で4代当主の松平親乗と、
父で5代当主の松平真乗の菩提を弔う為、
上野国那波に開いたのが始まりとされます。
その後、大給松平宗家の移封と共に移転し、
西尾藩に移封になった際に現在地に移りました。


盛巌寺本堂」。
本堂には歴代大給松平宗家の位牌が安置されている他、
7代当主松平乗寿が寄進した狩野探幽作の涅槃図が、
寺宝として残されているようです。


水竹今井府君墓」。
西尾藩家老今井弘の墓。
乗全の墓所の入口に、主君を守るように建っています。
維新後は西尾藩の大参事になっているようですので、
ある程度の実務能力のあった家老なんだと思いますが、
資料がないのでよくわかりません。


松平源恭公碑」。
松平乗全の顕彰碑。
篆額は徳川宗家16代徳川家達です。


源恭院殿觀徳謙翁大居士」。
大給松平宗家14代、西尾藩4代藩主松平乗全の墓。
乗全は老中として幕政に参加して開国を主張し、
将軍継嗣問題では南紀派に属しています。
阿部正弘によって一時老中を罷免されますが、
大老井伊直弼によって再び老中に返り咲きました。
井伊との対立により間部詮勝が老中首座を罷免されると、
代わって老中首座となっています。
しかし桜田門外の変で井伊が暗殺されると、
幕閣内で発言力を失って老中を辞任。
隠居して西尾城三ノ丸に隠居屋敷を建てています。
明治3年、死去。


光顔院殿明誉浄鏡貞照大姉」。
乗全の正室の墓。
尼崎藩4代藩主松平忠宝の娘で、
クミ」という名だったようですが、
漢字やその他の事はよくわかりません。

最後に境内に謎の墓があったのでご紹介。

新田義真 義恭 直興 海松之墓」。
ネットには全然載っていませんでした。
南北朝時代の新田義貞と関係あるっぽいですよね?
でもよくわからん・・・。
最後の「海松」って幼名だよね?
なんらかの悲劇があったっぽいです。

■関連記事■
愛知県西尾市 西尾城跡
 西尾藩大給松平宗家の居城跡。
愛知県西尾市 台嶺殉教之地
 西尾藩の牢獄跡。大浜騒動の関係者が斬首されています。
大分県大分市 府内城跡
 同族の府内藩大給松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。