愛知県西尾市 台嶺殉教之地

西尾市立西尾小学校の南側の住宅地の一角に、
台嶺殉教之地」という場所があります。
殉教」と聞いて連想するのはキリシタンですが、
どうもそうではないらしい。
勿論、殉教はキリスト教独自の言葉ではありません。


西尾小学校南側近辺(台嶺殉教之地の場所)
この場所に西尾藩牢獄があったようです。

ここにある碑は西尾藩のものではなく、
菊間藩で起こった大浜騒動で斬首された石川台嶺の碑。
菊間藩とは、徳川宗家駿府藩に移ったことにより、
それまで沼津藩水野家の所領5万石のうち、
2万3700石が上知となってしまい、
その代わりに上総国菊間に2万3700石が与えられ、
新たに菊間に藩庁を移して立藩した藩です。

残りの2万6300石は飛地であり、
三河の碧海郡16ヶ村、幡豆郡5ヶ村は大浜領と呼ばれ、
菊間藩は大浜出張所を置いて代官を赴任させていました。

大浜出張所の代官服部純は、明治政府の方針に従って、
村法の改正や勤皇教育、神仏分離等の宗教改革を実施し、
大浜村称名寺の僧侶藤井説冏
棚尾村光輪寺の僧侶高木賢立を教諭使に任じ、
領民に明治新政の趣旨を平易に教えさせようとします。
両僧侶は領内の村々に新政府の趣旨を伝え、
管内の寺院の代表に出頭を命じました。
その際、政府の意向である檀家の少ない寺院の合併を伝え、
それが可能であるか細かく質問をしています。

この質問に禅宗浄土宗時宗の寺院の代表は、
直ちに可否を記して提出しましたが、
経済基盤を檀家に頼る浄土真宗寺院の代表らは、
回答の延期を藩に近い西方寺光輪寺に依頼しますが、
許されなかった為、2寺は回答を提出しています。

他の真宗の寺院は、可否を回答した2寺に反感を覚え、
また神仏分離の方針が新たな誤解を生み、
藩への不信感が高まりました。
この事態に真宗大谷派の三河護法会は協議を重ね、
宗規を破った2寺を詰問および菊間藩への談判を決定。
蓮泉寺の石川台嶺以下37人の僧侶は、
西方寺と光輪寺の2寺に向かいますが、
これに竹やり持った門徒達が多数同行しました。

この不穏な事態を察知した大浜出張所は、
役人5人を派遣して鷲塚村の庄屋宅で台嶺らと交渉。
台嶺らは寺院統廃合の見直しを要求しますが、
聞き入れられずに話し合いは長引きました。
これに外で待つ門徒らは苛立って暴徒と化し、
庄屋宅に投石を始めた為に、役人達は危険を感じて逃亡。
門徒らはこれを追い懸け、5人のうち1人を殺害します。
急報を受けた出張所は兵を派遣し、
隣接する西尾藩や重原藩からも応援が到着して、
大浜騒動は鎮圧されました。


台嶺殉教之地」。
台嶺ら僧侶や殺害に関与した門徒数百名は捕らえられ、
代表の台嶺と役人を殺害した1人が、
西尾藩の牢獄で斬罪に処されています。


吊魂碑」。
明治33年、一宮市の織布工場で火災が発生。
当時の女工の宿舎には施錠がされ、
窓には鉄格子が付けられていた為、
女工達は逃げ出す事が出来ず、
31名が焼死するという悲劇が起こります。
この犠牲者の多くが西尾市出身であった為、
慰霊碑がここに建てられました。


巖護法城」。
大浜騒動の記念碑。三河一円の真宗寺院や、
有志達によって建立されたものです。

平和的な詰問および談判のはずが、
一部の信徒の暴走により、
一揆の体を成すことになってしまった大浜騒動。
このような廃仏毀釈に関連する騒動を「護法一揆」と呼び、
未遂を含めると10件ほど起こっています。

御一新(維新)で世の中が変わる事が、
全て良い事ともいえません。
我々なんて使用するPCOSが、
バージョンアップしただけでもあたふたものです。
全てをひっくり返された明治の人々は、
どれだけのストレスだった事でしょうね。

■関連記事■
下関市吉田 法専寺(首斬り六地蔵)
 廃仏毀釈によって首を斬られたお地蔵様。
愛知県西尾市 西尾城跡
 西尾藩大給松平宗家の居城跡。
愛知県刈谷市 重原陣屋跡
 騒動鎮圧には重原藩からも応援が出されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。