京都府宮津市 宮津城跡

陣屋跡は遺構が残っていないケースはありますが、
それに比べて、城跡は規模が大きいせいか、
建屋は撤去されても石垣土塀など、
遺構は結構残っているものです。

しかしながらその後の町の発展で、
完全に姿を消した城というのも、ごく少数あるようで、
今回の宮津城跡は、その中のひとつでした。

宮津城は、細川藤孝が築いた平城で、
藤孝が幽斎と称して田辺城に隠居した際、
宮津城には跡を継いだ息子の細川忠興が入ります。

忠興は徳川家康会津討伐に従軍し、
宮津城の留守は父藤孝が守る事になりますが、
石田三成が家康打倒を宣言して挙兵し、
畿内の東軍諸勢力の制圧を開始。
西軍1万5千人に対し、細川勢は500人に過ぎず、
宮津城守備兵は城を焼いて放棄し、
田辺城に集結して立て籠もりました。
※藤孝の隠居城は宮津城という説もあり、
 自分の城では守りにくいと田辺城に移動したとも。
結局は約2ヶ月の籠城戦を戦い抜いて開城。
藤孝ら細川勢は捕虜となりましたが、
関ケ原で東軍が勝利した為に開放されています。


その後、細川家は中津に加増転封。
代わって京極高知が丹後国に12万3千石で入封し、
田辺城に入りましたが、高知は宮津城を再建し、
居城を宮津城に移し、宮津藩が成立しました。

高知は隠居の際、長男京極高広に家督を譲りますが、
田辺3万5千石を三男京極高三に与え、
三根山1万3千石を甥の京極高通に与えています。
これによって宮津藩は7万8千石となり、
その後、高広は長男京極高国に家督を譲りましたが、
隠居後も藩政に介入して高国と対立。
また、高広も高国も悪政を敷いたとされ、
領内の農民が藩外へ逃散してしまい、
この件と親子不和を幕府に咎められ、
改易処分となっています。

その後、永井尚征が入封ししますが、
次代の永井尚長は 第4代将軍徳川家綱の葬儀で、
鳥羽藩主内藤忠勝に刺殺されてしまい、
無嫡断絶となります。
※後に永井家は大和新庄藩として再興。
以降は、阿部家奥平家青山家と入れ替わり、
松平資昌が入封して、以後は廃藩置県まで、
本庄松平家が宮津藩を治めました。

前記したように、宮津城は完全に姿を消しましたが、
その宮津城の数少ない遺構を巡ります。

旧宮津城を偲ぶ」。
変わった題名の説明板が添えられた、
宮津城の鉄門にあった鏡石及び、
大手橋の橋脚の敷石と波止場の船繋ぎ石
宮津武田病院前に設置されています。


「たも」の木」。
二ノ丸北東端に生えていたというタモの木。
樹齢3百年を越すとされますが、
それほど大きくありません。
国道工事の際に伐採が計画されましたが、
関係者による助命嘆願によって残されており、
平成2年の下水道工事の際は、
この下に下水道が通ることになっていましたが、
枯死が危惧されて、下水道を迂回させたとの事。


宮津城太鼓門」。
宮津市立宮津小学校の正門は、
宮津城南側の城門であったとされます。
この城門の傍らに時を知らせる太鼓櫓があった事から、
太鼓門の名が付けられたという。
ちなみに宮津小学校は、藩校禮譲館があった場所。


石垣跡」。
宮津市街を流れる大手川沿いには、
宮津城の遺構とされる石垣が残っています。

幕末の藩主松平宗秀は、大老井伊直弼の下、
寺社奉行として志士の処罰を行っており、
文久元年に京都所司代に就任する際、
朝廷などから起用を反対されて、
任命はされますが、京都に赴任できませんでした。
※酒井忠績が代行
その後、老中に昇進しており、
慶応元年には、阿部正外と共に幕軍を率いて上洛。
一会桑政権の解体しようとしますが、
朝廷の反感を買って失敗しています。

第二次長州征伐の際には、広島で指揮を執りますが、
長州藩との戦闘が不利であると悟り、
広島藩を通じて和平交渉を試みており、
捕虜の宍戸璣小田村伊之助を独断で釈放。
これが発覚して老中を罷免されて、
宗秀は隠居謹慎処分となりました。

次代松平宗武は、王政復古後に新政府に恭順。
山城八幡の警備を命じられましたが、
警備を担当した藩兵が新政府軍に発砲した為、
宮津藩は朝敵とみなされて、在京の藩兵は武装解除。
宗武も入京禁止処分を受けました。
これに前藩主宗秀が上洛して謝罪しますが、
認められなかった為、重臣2人を切腹させようとしますが、
長州藩の執り成しで、宍戸、小田村の釈放の功が認められ、
宗武は謹慎を解かれています。
その後、松平姓を捨てて本庄姓を名乗り、
徳川家と訣別しました。
※ちなみに宗秀は、富士山に登頂した唯一の大名。

【宮津藩】
藩庁:宮津城
藩主家:本庄松平家
分類:10万石、譜代大名

■関連記事■
広島県廿日市市 残念さん(残念社)
 宮津藩士依田伴蔵が残念さんとして祀られています。
京都府京丹後市 峰山陣屋跡
 隣藩の峰山藩京極家の陣屋跡。
京都府福知山市 福知山城
 近隣の福知山藩朽木家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。