広島県廿日市市 残念さん(残念社)

西国街道の難所廿日市市四十八坂
当時の主要道路のはずなのですが、
まるでけもの道のようです。


西国街道(四十八坂)」。
たしかに難所です。
本当に大名行列か通ったのかな?と思いますね。
当時はもっと人の往来も多くて、
もうすこしマシだったのかもしれませんが、
それほど劇的に違うとは思えませんので、
馬や駕籠持ちは相当の苦労したと思います。

芸州戦争の激戦地となった場所との事ですが、
どのようにして両軍が戦ったのでしょうか?
街道は人一人が通れるスペースで、
恰好の標的となりますから、
脇の道の無い場所で行われたのでしょうか?
イメージがイマイチ湧きませんが、
ベトナム戦争映画のような、
ジャングル戦の様だったのかもしれませんね。


依田神社鳥居」。
西国街道沿いから山側へ道が作られており、
残念さん」こと依田伴蔵を祀る神社に至る。
この参道のど真ん中に大きな石があります。


吉田松陰 腰掛けの石」。
萩から江戸へ護送される途中の吉田松陰が、
腰を掛けた石とされます。
景観が良く一休みにちょうど良い場所ですが、
罪人用の竹駕籠に入れられていたでしょうから、
座っていなかったんじゃないかと。
とはいえ、松陰は3度もこの道を通っていますので、
一度位は座って休憩したかもしれません。
石のある依田神社に至る道は、
松陰の時代には無かったと思われます。


依田神社」。
「残念さん」こと依田伴蔵を祀る神社。
依田伴蔵没後百年を記念して建立されたもの。
平成28年に宮島工業高校の生徒によって修繕され、
綺麗な社殿となっていました。
良い取り組みだと思います。


残念社」。
依田神社の社殿から鳥居の場所まで戻り、
西国街道を北上すると「残念社」があります。
「社」といっても招魂墓ですね。

慶応2年7月9日。
幕使の宮津藩士依田伴蔵が一人街道を走りますが、
これを長州勢が誤って狙撃してしまい、
依田は「残念・・」と倒れて死んでしまいました。

長州藩は使者を撃ってしまった事を遺憾とし、
戦後に祠を建てて祀っています。
最後の言葉から祠は「残念さん」と呼ばれました。

征長先鋒副総督本荘宗秀(宮津藩主)は、
早くから止戦を画策していたようで、
拘束されていた宍戸備後助小田村素太郎を放還し、
その事から幕軍内で孤立してしまいます。

本荘は止戦交渉を急ぎますが、
大坂に召還されて罷免されました。
本荘が大阪の幕閣に呼び出され、
広島を発ったのが7月15日。
それまで数度、岩国藩に使者を送っていますが、
使者は調停役となっていた広島藩の藩士でしたので、
本荘は別に直属の藩士を派遣したのかもしれません。

仮に依田が正規の使者でなかったとしたら、
見間違える可能性は高かったではないでしょうか?


ざんねんさん砦」。
さらに北上すると、家屋の石垣が点在し、
「ざんねんさん砦」と刻まれた石碑があります。
この碑の意味が全くわからず、
廿日市市に問合せたところ、
碑の上の方にある砂防ダム建築の際、
残念社が近くにあることから、
業者が「ざんねんさん砦」と勝手に命名し、
碑を建てたのでは?という回答。なんだそりゃ?
詳しくはその業者に聞いて下さいとのことでしたが、
聞く気も失せたので聞いていません。

■関連記事■
広島県廿日市市 長州戦争史跡 千人塚
 幕長戦争で戦死した幕軍兵を埋葬した塚。
広島県大竹市 長州の役戦跡 苦の坂
 芸州戦争の激戦地。
山口県岩国市 芸州戦争関連史跡
 岩国市の芸州戦争関連史跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。