広島県廿日市市 長州戦争史跡 千人塚

大野村にある名滝「妹背の滝」。
そこから西教寺までは「滝の下」とよばれ、
幕長戦争で戦死した兵を埋葬した塚があります。
※山陽自動車道大野ICを降りて左100m程の場所


長州戦争史跡 千人塚」。
千人塚という名称ですが、
千人も埋められている訳ではありません。
(西教寺の幕軍兵は1000余名だったようです)
誰が何人埋葬されているとかよくわかりませんが、
多分大きさから4~5人程度だと思われます。


千人塚の脇にある4基の墓石。
風化で全く文字が読めませんが、大野村の戦いでは、
新宮藩士橋本角兵衛ら6名が戦死していますが、
彼らの墓石なのでしょうか?
※市の教育委員会に問い合わせたところ、
 定かではないが、6名のうちの4名だろうとのこと。


千人塚から西へ100m弱進み、
境内に「妹背の滝」を有する大頭神社へ。

大頭神社」。
社伝によると「もと郷桑原に鎮座し、
大正二年に現在地に遷座」となっており、
幕長戦争時には、まだここにはありませんでした。
郷桑原というのがどこかよくわかりませんが(もと郷?元郷?)、
嚴島神社の摂社として推古天皇の治世に創祀されたようです。
赤い橋と美しい川がとても良い雰囲気。

社殿の脇を川に沿って進むと2つの滝が現れます。

雌滝」。
ちょろちょろと流れる雌滝。高低差はかなりありそうですが、
水量が少ないので優し気な女性のような滝ということでしょう。


雄滝」。
水量も多く造形美に優れた雄滝
迫力はありますが、その下流は緩やかな河原です。
夏には子供たちの水遊びで賑わうようですので、
今度はぜひ子供たちと来てみようと思いました。

■関連記事■
広島県廿日市市 残念さん(残念社)
  「残念」と言って戦死した宮津藩士依田伴蔵の墓 。
島根県益田市 扇原関所跡
 岸静江は藩境を唯一人で死守しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。