島根県益田市 扇原関所跡

慶応2年に幕府第二次長州征伐を開始。
長州藩領に四方から侵攻します。
小倉口(現福岡県)、芸州口(現広島県)、
大島口(周防大島)、石州口(現島根県)です。
絶体絶命の状況で幕府軍を迎え撃ちますが、
それぞれの戦場にはそれぞれのドラマがあり、
石州口ではこんなドラマがありました。

長州藩と隣接する津和野藩中立の立場を取り、
長州藩兵の領内通過を許し、
長州勢は無傷のまま浜田藩領に向かいます。
浜田藩は津和野藩との藩境の扇原関所を固め、
浜田藩士岸静江がこれを守備。
岸は医光寺福山藩兵に援軍を要請しますが、
戦意の薄い福山藩兵は援軍を出しません。
長州藩の大群が押し寄せる中、
岸は部下を退却させて唯一人関所に残り、
唯一人長州藩兵に撃たれて討死しています。

大群と対峙しなすすべもない状況でしたが、
関所を守る命を受けていた岸は、
一戦も交えず退却することを恥じ、
しかも部下の命も惜しんで唯一人で、
最新装備の長州藩兵の大群に挑みました。
長州藩兵も彼の武勇を称え、
手厚く葬った後に益田に攻め込みます。

この逸話は司馬遼太郎の小説「花神」で、
ドラマチックに描かれています。
扇原関所跡益田市多田という場所にあり、
複合文化施設「グラントワ」から車で5分少々。


濱田藩岸静江墓」。
道路脇に岸静江の墓があります。
長州藩は近くの西禅寺の住職に頼んで、
岸の埋葬を依頼し墓碑建立の醵金しました。
岸静江は靖国神社にも合祀されているという。


墓所の向かいのトンネルから扇原関所跡へ。
山陰道扇原関門跡」の碑があります。
少し距離はありますが、
道中は街道の雰囲気が残っていました。


岸静江戦死之地」。
ここが扇原関所があった場所。
碑の後ろの石垣が遺構として残ります。


関所跡より津和野方向を見る。
この細道より長州藩の大群が押し寄せました。
これ程狭いと長州藩側からは唯一人といえ、
捨て置く事は出来なかったでしょう。


津和野側より関所方向。
唯一人関所に立つ岸静江は、
長州藩兵の目にどう映ったのでしょうか?

山陰の小藩(中藩?)であった浜田藩に、
部下の命を惜しんだサムライがいたことは、
もっと世の中に知られるべきですね。

2022/01/17写真の差し替え及び記事修正。

■関連記事■
島根県益田市 万福寺・医光寺
 浜田藩・福山藩が陣を構えた場所。
島根県浜田市 観音寺(岸静江墓所)
 浜田市にある岸静江の墓所。
島根県益田市 机崎神社
 扇原関所を突破した長州勢が集結した神社。
島根県浜田市 浜田城跡
 浜田藩は城を自焼させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。