島根県益田市 扇原関所跡

年末年始は嫁さんの実家の島根県益田市へ。

盆正月など何度か行っているのですが、今回こそ行きたいと思っていた場所、
扇原関所跡」と「岸静江の墓」に行ってきました。

慶応2年。幕府は第二次長州征伐を開始し、
長州領(現在の山口県とほぼ一緒)を4方から攻めます。
小倉口(現在の福岡県)、芸州口(現在の広島県)、
大島口(周防大島(海軍))、そして、石州口(現在の島根県)です。
絶体絶命の状況で長州藩は、幕府軍を迎え撃ちますが、
それぞれの戦場にはそれぞれのドラマがあり、
石州口ではこんなドラマがありました。

石州口では、総司令官大村益次郎が先制攻撃を仕掛けます。
長州と隣接する津和野藩は中立の立場を取り、
長州藩兵の領内通過を許し、長州勢は浜田藩領に向かいました。
浜田藩は津和野藩との藩境の関所を固め、
浜田藩士岸静江に守備を命じます。
岸は部下に医光寺に駐留する福山藩兵に援軍を要請しますが、
戦意の薄い福山藩兵は援軍を出しません。
長州藩の大群が押し寄せる中、
岸は部下を退却させ唯一人で関所に残りました。
そして、長州藩に撃たれて討死します。

大群と対峙しなすすべもない状況でしたが、
関所を守る命を受けた岸は、一戦も交えず退却することを恥じ、
しかも部下の命も惜しんで唯一人で、
長槍を構えて死ぬ覚悟で最新装備の長州藩兵の大群に挑みました。
長州藩兵も彼の武勇を称えて手厚く葬りその後、益田に攻め込みました。

なんとも壮絶ですね。
この逸話は司馬遼太郎の「花神」にドラマチックに書かれていますが、
この話を知って扇原関所跡に行ってみたいと思っていました。

扇原関所跡」は益田市の多田というところにあります。
益田市の複合文化施設「グラントワ」から車で5分少々で行けます。


まず、道路のすぐ脇に岸静江のお墓があります。
長州藩は近くの西禅寺の住職に頼んで、
岸の埋葬を依頼し墓碑建立の醵金を添えました。
岸静江は靖国神社にも合祀されているそうですね。


扇原関所跡には、お墓の向かいから入っていきます。


ちょっと歩きますが、昔の街道の雰囲気が味わえ期待感が高まります。


坂を登り終えるとありました。「岸静江戦死之地」の碑です。
ここが「扇原関所跡」ですね。


周りに小さな石垣跡があって関所があった当時の様子が感じられます。


関所跡より津和野方向の写真。
この細い道より長州藩の大群が押し寄せて来たのでしょうね。


津和野側より関所方向の写真。
唯一人関所に立つ岸静江は、長州藩兵の目にはどう映ったのでしょうか?

山陰の小藩(中藩?)である浜田藩に、命を惜しまず、
部下の命を惜しんだ武士の鏡とも言えるようなサムライがいたことは、
もっと世の中に知られてもいいはずですね。
このエピソード。どうか来年の大河「花燃ゆ」でやってほしいものです。

■関連記事■
島根県益田市 万福寺・医光寺
 益田戦争において浜田藩・福山藩が陣を構えた場所。
島根県浜田市 観音寺(岸静江墓所)
 浜田市にある岸静江の墓所。
島根県益田市 机崎神社
 扇原関所を突破した長州勢が集結した神社。
島根県浜田市 浜田城跡
 浜田藩は長州藩に敗れて、城を自焼させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。