島根県浜田市 浜田城跡

恒例ですが、年末年始は嫁さんの実家の島根県益田市に行きます。
で、毎度のように益田市周辺の史跡を少しずつ廻るのですが、
今回は益田市のお隣、浜田市に行きました。
お目当ては「浜田城跡」。


浜田城は、亀山という丘陵の上にあった平山城です。
石州戦争において、浜田藩は籠城せずに自焼させて撤退。
城内の建物の殆どを焼失させてしまいました。


この亀山には「濱田護国神社」があります。
ここには”維新後”の英霊2万3千柱が祀られています。
山口県下の護国神社や招魂社は、幕末からの霊が祀られていますが、
石州戦争浜田藩幕府側であったため、
石州戦争での戦死者は祀られていないようです。
藩の為に戦死した者も、ある意味では国の為に戦死したはずです。
浜田藩の中にも岸静江などの英雄がいましたし、
どうにかここで合祀することはできないものでしょうか?
※岸静江は靖国神社には合祀されています。


境内には「木口小平銅像」があります。
日清戦争ラッパを吹いたまま絶命した喇叭(ラッパ)手です。


護国神社の裏手にある司馬遼太郎の碑文「浜田藩追懐の碑
司馬は「花神」での取材のため、浜田市に滞在していたようです。


登城口には何故か「津和野藩武家屋敷の門」があります。
浜田県庁正門として使われていたものが、いらなくなったので
ここに置いとこうって感じですか?城には縁もゆかりもないそうです・・・。


門を抜けると結構な階段が・・。さすが平山城ですね。
みよちゃんが登るのは不可能です。抱っこして登りましたよ!


結構な規模の城です。自焼はとっても惜しいですね。
幕長戦争において自焼した城は、他に小倉城がありますが、
小倉城の場合、平城で守るに難い城だったのですが、
こちらは平山城ですので籠城戦も不可能ではない様子。
長州藩も戊辰戦争時ほどの装備だったわけではないでしょうから、
大村益次郎であっても、簡単には落とせないと思われます。


本丸のあった場所には、なにやら銅像の台座らしいものがありますが、
調べてみると「報国忠勇之碑」があったらしく、
本来は台座の上に砲弾と砲身があったようですが、
戦争で供出され失われたようです。
※この碑は元奇兵隊士竹中安太郎の発案で建てられたもの(記事はこちら


浜田城のGCI再現図
かつてはこんな感じだったんですね。
今年の大河では、石州戦争はどういう風に描かれるのでしょうか?

【浜田藩→鶴田藩】
藩庁:浜田城(後に鶴田に移転)
藩主家:越智松平家
分類:6万1000石、親藩大名

■関連記事■
浜田城自焼後の浜田藩①///
 浜田城自焼後の浜田藩の逃避行 。
島根県浜田市 観音寺(岸静江墓所)
 岸静江は浜田藩士最初の戦死者。
「浜田城炎ゆ 長州戦争と松平武聰」小寺雅夫
 幕末浜田藩について書かれた本。
岡山県津山市 鶴田陣屋跡
 浜田藩は飛地の鶴田に藩庁を置いて鶴田藩となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。