岡山県津山市 鶴田陣屋跡

禁門の変を起こした長州藩を征伐する為、
幕府が始めた長州征伐
長州征討とも呼ばれますが、
幕府側からみて長州を討つという意味で、
長州側では四境戦争とされています。

でも、やはりここは幕府と長州の戦争ですので、
幕長戦争というのが正しいかなと思うわけで、
ブログでは第一次長州征伐は幕府側の動きなので、
そのまま第一次長州征伐と呼びますが、
第二次長州征伐については、双方が実際に戦ったので、
幕長戦争と呼んでいます。

それは良いとして、
その幕長戦争で一番割を食らったのは、
小倉藩浜田藩ではないでしょうか?
双方共に城を自焼させ、自領の大半を占領され、
藩庁の移転を余儀なくされました。

小倉藩は香春に本陣を置いて香春藩となり、
(記事はこちら
後に豊津に陣屋を築いて豊津藩となっています。
(記事はこちら

浜田藩も自領を追われ(記事はこちら)、
飛地に陣屋を築きました。


津山市桑下周辺(鶴田陣屋跡の場所)
鶴田は美作国久米北条郡の浜田藩飛地で、
8000石余の石高です。
4000人の家臣とその家族を養うには、
あまりにも少なすぎましたが、
鶴田藩は庄屋福山元太郎邸を本陣として、
藩の再興に乗り出しました。


県道159号線より細道に入ると、
石段が見えてきます。


鶴田陣屋(西御殿)」。
鶴田藩は飛地だった8000石と、
幕府からの蔵米2万石で立藩。
藩士らの全てが鶴田の民家に寄寓生活という中で、
どうにか支配体制を整えると、
藩庁としての陣屋をここに建築します。
西御殿は藩主の居住のために建てられた御殿で、
政務を執り行う為の東御殿も建設する予定でしたが、
廃藩置県によって中止されました。
西御殿跡」の碑の裏(どちらが表か不明)には、
作州鶴田藩六萬一千石」と刻まれており、
なんだか悲哀を感じてしまいます。
※実際に明治政府より加増があり、
 6万1000石に戻っています。


殉難碑」。
浜田藩(鶴田藩)の殉難者を追悼する碑。
鶴田藩は幕長戦争での敗北後、
雪辱を晴らそうと戦った鳥羽伏見の戦いに敗北。
鶴田藩は朝敵となってしまい、
その罪を一身に被って家老尾関隼人が切腹。
その尾関を筆頭に、幕長戦争で戦死した12名、
伏見で戦死した5名、上野戦争に参加した7名を追悼し、
毎年、尾関の命日に慰霊祭が行われているそうです。

この西御殿に藩主が居を移したのは、明治4年6月。
翌月に廃藩置県が詔書が下され鶴田藩は廃藩してしまい、
8月に武聴は東京に出発し、
藩主が滞在したのはわずか3ヶ月弱でした。

【鶴田藩】
藩庁:鶴田陣屋
藩主家:越智松平家
分類:1万石、外様大名

■関連記事■
浜田城自焼後の浜田藩①///
 浜田城自焼後の逃避行。
「浜田城炎ゆ 長州戦争と松平武聰」小寺雅夫
 浜田の史家で作家の小寺雅夫著の幕末浜田藩史。
島根県浜田市 浜田城跡
 浜田藩は籠城せずに自焼させて撤退しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。