島根県浜田市 観音寺(岸静江墓所)

岸静江国治は、大村益次郎率いる長州軍に対し、
扇原関所で惟一人で立ちはだかった勇士。
津和野藩との藩境である扇原関所を守護した岸静江は、
圧倒的兵力で迫る長州軍に対し、
部下を逃がした後、一人で関門を死守します。
そして、長州軍の銃撃に倒れました。

無謀ともいえる行動が、部下の命と浜田藩の名誉を守り、
敵の長州軍からも称えられ後世に名を残し、
益田市や浜田市では、神楽の演目にもなっているようで、
遺品なども大切に保管されています。

墓所は益田市の扇原関所跡の近くにあるのですが、
もうひとつ浜田市の観音寺にもあります。

観音寺」。
境内には庄内より勧請された竜神を祀るお堂があり、
アシカ食害に悩んだ領内漁民達に信仰されました。


岸静江国治の墓」。
山門を入って右手にあります。
益田市にあるものが遺骨墓で、
こちらは遺族の建てた慰霊墓。
岸静全功居士」という戒名が刻まれています。

岸静江の墓の右手には大きな墓が・・。

小篠東海の墓」。
小篠東海は江戸中期の国学者で、
国学の大家本居宣長の弟子だった人物。
松井松平家の時代は国学が盛んだったようですが、
残念ながら松井松平家の棚倉転封により失速しています。
しかし、国学は庶民にも普及していたようで、
越智松平家になってからも続いていました。
小篠はその礎を築いた人物です。
岸静江との関係は不明。


旧浜田藩家中家族合同墓」。
石州戦争後、飛地の鶴田で立藩した浜田藩ですが、
藩士家族の去った浜田には無縁墓が増えました。
その藩士家の墓石が集められ、
合同墓として整備されています。

ちなみに石州戦争での浜田藩戦死者は、岸静江をあわせて14名。
山本半弥 永井金三郎 川島倉治 那波民江 近沢瀧之進
笹瀬豊次郎 力石金司 西川亀太郎 大村善八郎 小林久太郎
関屋鉦一郎 片岡弾正 永井佐太夫

彼等も岸静江と同じく勇士だったのでしょう。

■関連記事■
島根県浜田市 浜田城跡
 浜田藩越智松平家の居城。
島根県益田市 扇原関所跡
 岸静江の墓と扇原関所跡。
島根県益田市 万福寺・医光寺
 石州戦争の激戦地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。