広島県大竹市 長州の役戦跡 苦の坂

慶応2年6月13日。
長州征討軍先鋒の彦根藩兵と与板藩兵は、
岩国領との国境である大竹村に布陣。
翌14日から小瀬川対岸の長州勢と、
戦闘を開始しました。

一方、別動隊として高田藩兵千余名は、
立戸から苦の坂に進み、
長州諸隊2百余名と交戦しています。


長州の役戦跡 苦の坂入口」。
※広島県大竹市木野2丁目8
苦の坂は西国街道の難所のひとつで、
古くから戦陣の適所とされていたようです。

遊撃軍を主力とする長州勢はミニエー銃を装備し、
散兵戦術を用いて約5倍の高田藩兵を圧倒しました。
敗走した高田藩兵は戦線を離脱。
遊撃軍はこれを追って玖波村まで進撃し、
同じく敗走した主力の彦根藩兵らは退路を断たれ、
総崩れして退却しています。

■関連記事■
広島県廿日市市 残念さん(残念社)
 「残念」と言って戦死した宮津藩士依田伴蔵の墓 。
岩国市周東町 通化寺(遊撃軍の本陣)
 芸州戦争時の遊撃軍の本陣。
福岡県北九州市 志津摩橋と中野橋
 小倉戦争の激戦地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。