福岡県北九州市 志津摩橋と中野橋

宮本武蔵の顕彰碑のある手向山の東側は、
小倉戦争の激戦地だった場所。

今は閑静な住宅街になっておりますが、
そこを流れる小さな村中川に掛かる橋を見に行きました。


志津摩橋」。
車で通ると気が付かずに通り過ぎてしまうような橋。
橋名は島村志津摩隊が布陣していたことに由来します。
島村志津摩は、金辺峠(記事はこちら)に陣を敷いて、
圧倒的な長州軍に抵抗したことで知られます。

島村隊は、はじめ大里の戦いに参加していませんでしたが、
前線の応援要請に応えて小倉より出陣しています。

気が付きにくいですが、しっかりと「志津摩橋」と記されています。

さて、この志津摩橋よりももっと気が付きにくい場所に、
もうひとつ小倉戦争由来の橋があります。

中野橋」。
志津摩橋は島村志津摩に由来する事は想像しやすいですが、
この中野橋はよくある名前ですので、特別な橋と想像しづらい。
この橋は小倉藩中老で四番手大将中野一学に由来し、
大里の戦いの終盤にこの場所に布陣しました。


こちらは石作りですね。


赤丸の場所が橋の位置。

大里の戦いで、小倉藩軍は果敢に応戦しましたが、
散兵戦術を用いた長州軍に大苦戦。
赤坂まで引いて軍を立て直し、大里まで押し出しますが、
すでに長州軍は一人残らず下関に引き上げた後でした。

■関連記事■
福岡県北九州市 慶応丙寅激戦の址
 大里の戦いの後、赤坂で両軍は激戦を繰り広げました。
福岡県田川郡 金辺峠
 小倉勢はここを最後の砦として、長州勢に反抗します。
「小倉藩家老 島村志津摩」白石壽
 島村志津摩の生涯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。