「小倉藩家老 島村志津摩」白石壽

小倉戦争といえば高杉晋作の最後の戦いとして語られますが、
この小倉戦争は晋作が病気の為に役職を解かれた後も続いています。
第二次長州征伐の名分で始めた長州藩との戦いは、
熊本藩が友軍の日和見主義に嫌気をさして引き上げ、
幕府の小倉口総督小笠原長行が逃げ去った後も、
小倉城を自ら炎上させた後も、
長州藩と小倉藩の私戦として続けられました。

島村志津摩金辺峠で長州軍を迎え撃ち、
長州藩の大軍を手こずらせます。
しかし多勢に無勢で小倉藩は、止戦交渉を申し出ます。

長州藩は勝者の立場で、条件を要求。
藩主世子を人質に差し出すように求めますが、
しかし、それは武士には飲めぬ条件。
交渉決裂かと思われたときに、島村は「開国」の策を提言します。
ここで云う「開国」は鎖国をやめるという意味ではなく、
所領すべてを放棄して他に移住するということ。
これを長州藩に申し入れました。

ですが、長州藩はこの条件を受け入れる事ができません。
何故なら既に止戦の勅許も出され、
私戦化している状態で「開国」を受けたとなると、
長州藩に領土的野心があると非難され、
人心は長州藩から離れてしまう。
人質の件は白紙に戻さざるをえなくなり、
島村の策は成功して小倉戦争は終結します。

小倉藩は藩庁を香春に移して香春藩とします。
しかし戦費で財源を使い果たしており、
収入の多い企救郡を長州藩に取られており藩財政は困窮。
島村は家老として藩の建て直しに奔走しました。
財政困難な中で時勢に乗り遅れない為に戊辰戦争にも出兵。
その後、藩再建の道筋を定めて役を辞任する。

晩年は、二崎で暮らしてそこで骨を埋められましたが、
没後19年後に、有志らが島村の功績から、
藩公の菩提寺に改葬し、後世にその名を伝えます。

・・・この島村志津摩。ウィキペディアにも載っていません。
※2014年当時。現在は掲載されています。
しかし、敗軍の将にも英雄はいるのです

■関連記事■
福岡県北九州市 福聚寺(小笠原家&島村志津摩の墓所)
 島村の墓所は元藩主の菩提寺である福聚寺。
福岡県北九州市 志津摩橋と中野橋
 島村の名が付いた橋。
福岡県田川郡 金辺峠
 小倉勢はこの金辺峠を最後の砦として長州勢に抵抗しました 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。