福岡県北九州市 慶応丙寅激戦の址

今年の夏は雨ばかりですね・・・。
特にお盆以降はひどいもんです。
小学生たちも外で遊べずかわいそう・・・。

さて、雨が降ったり止んだりですが、
雨の降ってない日に海を渡り北九州へ行ってみました。

小倉戦争の激戦地赤坂は、門司と小倉を結ぶ要衝です。
田野浦の戦い大里の戦いに勝利した長州軍でしたが、
この赤坂の戦いで、大打撃を被ります。
小倉勢の勝因は、長岡監物に率いる熊本藩兵の力でした。

現在の赤坂はぎっしりと住宅が立ち並んで、
当時の面影はほとんどありません。


幕末とは関係ないのですが、ちょっと寄り道。

赤坂の手前には手向山(たむけやま)があり、
手向山公園として整備されています。
ここは、宮本武蔵の養子宮本伊織の領地で、
山頂に「宮本武蔵の碑」が建てられています。
また、麓には宮本家代々の墓所もあり、
伊織もそこで眠っています。

承応3年(1654)、宮本伊織が建立したそうです。
兵法天下無双」と書かれていますね。

太平洋戦争時は、要塞化していたようで、
こういう跡が至る所にあります。

火力発電所の跡だそうです。

宮本家墓所」。
一段高い中央に伊織の墓があるようですが、
私有地だそうで、そそくさと退散しました。


慶応丙寅激戦の址」。
方々まわってやっと見つけました。
閑静な住宅街の小さな公園の隅にあります。
※場所:小倉北区赤坂3丁目10番
この赤坂の戦いで、奇兵隊小隊長山田鵬介以下16名が戦死。
近くに彼らの墓もあるようですが、
今回は探せませんでした。

■関連記事■
福岡県北九州市赤坂 長州奇兵隊の墓
 赤坂に眠る小倉戦争長州藩戦死者の墓。
宮本伊織の系譜
 宮本武蔵の養子の系譜は小倉藩の筆頭家老となっています。
福岡県北九州市 延命寺(奇兵隊戦死墓)
 延命寺にある奇兵隊の墓石。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。