宮本伊織の系譜

小倉藩の筆頭家老宮本家が、
宮本武蔵の養子宮本伊織の系譜ということは、
知られているようで知られていません。

小笠原の一門を飛び越えて筆頭家老になるとは、
武蔵の威光伊織の才能かわかりませんが、
代々筆頭家老として宮本家は幕末まで存続しています。
※一門衆は家老にならないシキタリがある藩もありますし、
 飛び越えてという表現が適切かどうかはわかりません。

ですが、幕末期に宮本家がどのような活躍をしたのか?
調べてみても、なかなか良い資料には巡り会いません。


小倉藩士屋敷絵図」に、宮本家の屋敷が記載されています。
位置は、在の北九州市立思永中学校のテニスコートのあたり。
宮本伊織家は初代の伊織が家禄5000石で、
代を重ねるにつれ3000石→2100石と多少減っていますが、
2100石で定着したようで幕末まで宮本家はこの家禄でした。

薩長の小大名に匹敵する永代家老家らを見慣れていると、
筆頭家老家が2100石って少なすぎる気もしますが、
小倉藩自体15万石ですので妥当といったところでしょうか。

幕末期の当主は宮本佐織(岩之助)という人物。
宮本家の所領は赤坂にある手向山周辺だとの事で、
赤坂の戦いの際には自領が戦場になっています。
たぶん手勢(宮本家家臣)も出していたと思われますが、
その辺の詳しい資料を探してるのですが、
ちょっとまだ見つかりませんね。

■関連記事■
福岡県北九州市 慶応丙寅激戦の址
 手向山にある宮本家墓所。
福岡県北九州市 志津摩橋と中野橋
 小倉戦争の激戦地。
福岡県北九州市 小倉城
 小倉藩小笠原家15万石の藩庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。