京都府京丹後市 峰山陣屋跡

国持大名であった京極高知は隠居の際、
嫡男の京極高広宮津7万8千石を、
三男の京極高三に田辺3万5千石を 、
甥の京極高通に峰山1万石を与えています。

高通が元々持っていた3千石と合わせて、
1万3千石で峰山藩が立藩し、
吉原山の東嶺に陣屋を設置しました。


京極家陣屋跡(峰山陣屋跡)」。
現在は畑となっていて何も残っていませんが、
陣屋が破棄された後に畑となったようで、
畑部が陣屋敷地と想像すると、イメージが付きやすい。
石垣が全く見られないのは、撤去されたというより、
初めから台地に陣屋を屋敷を設けただけのようです。


吉村伊助君紀功碑」。
西側の一段高くなっている場所にある顕彰碑。
碑は峰山町長のもので、藩政時代の人ではありません。
ただ、碑の建つ場所は物見櫓とか、
陣屋の守り神が祀られていたとか、
そういう感じに見えます。
もちろん陣屋が破棄された後の改変もありえますが・・。


峰山城址」碑。
東側にある跡碑。ここもすこし高くなっています。
峰山城とありますが、ここは陣屋形式の藩庁。
高通流京極家も城主格大名ではありません。

幕末の峰山藩主京極高富は、
外様藩ながら大番頭若年寄を歴任し、
天誅組の変生野の変の鎮圧に兵も出し、
第二次長州征伐では、四国方面軍の取締を命じら、
伊予松山に陣を構えています。

その後、国内事務取扱陸軍事務取扱
若年寄兼海軍奉行などに就任。
鳥羽伏見の敗戦を聞いて若年寄を退任し、
上洛して新政府へ恭順の姿勢を示しますが、
佐幕派とみなされて謹慎を命じられまた。

しかし、世子高陳が名代として既に参内していた事や、
峯山藩兵が政府軍に参加したことなどが考慮されて、
謹慎は解除されています。

【新発田藩】
藩庁:新発田城
藩主家:高通流丹後京極家
分類:1万3000石、外様大名

■関連記事■
兵庫県豊岡市 豊岡陣屋跡
 同族の豊岡藩京極家の陣屋跡。
兵庫県豊岡市 出石城跡
 近隣の出石藩仙石家の居城跡。
京都府福知山市 福知山城
 福知山藩朽木家の居城跡。
新潟県新潟市 三根山陣屋跡
 三根山藩は維新後、峰山藩との混同を避ける為、嶺岡藩と改称。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。