古式捕鯨と開国

その昔、日本海には冬になると多くのが姿を見せていました。
長州でも捕鯨が行われ、庶民や下級武士たちの食卓にならびました。

日本人は、鯨という資源を余すところ無く使います。
鯨油はもちろんの事、などすべてを活用しました。
当時の捕鯨(古式捕鯨)は、沿岸近くを回遊する鯨を網に追い込んで、
銛で突く「網取捕鯨」が主流です。
鯨が一頭獲れれば七浦賑わう」と云われていました。

現在の長門市青海島の通浦は、長州捕鯨最大の基地として栄えました。
人々は豊富な資源と繁栄をもたらしてくれる鯨に感謝し、
犠牲になった鯨一頭一頭に戒名を付け、
捕鯨のシーズンが終わった頃、法要が行われました。

現在でもその法要(浄土宗なので正確には回向)が、
向岸寺で毎年1回行われており、
鯨の戒名が書かれた鯨鯢過去帖も現存します。
捕鯨・鯨食は、日本の文化であったことがわかりますね。

さて、米国のペリー艦隊が開国を迫った理由のひとつが、
日本をアメリカの捕鯨船の補給基地にしたかったから。
実はこれ、非常に重要な問題なのです。

幕末に入ると急に鯨が捕れなくなります。
安政6年に吉田稔麿が、江戸に勤務する父に送った手紙の中には、
鯨を送りますと言っていましたが、この冬はあまり出回っておらず、
見つけても非常に高価で手が出ません。ご勘弁下さい。
」と書いています。

何故捕れなくなったか・・・。
ご察しのとおり、欧米諸国が太平洋で鯨を乱獲し、
日本海に鯨が入ってこなくなったのです。

欧米の捕鯨は、鯨油が目的です。
鯨を捕獲した後、船上で採油して樽に保存。
鯨油を採り終えた鯨の死骸を海に捨てます。
そしてまた、次の鯨を捕獲するのです・・・。
欧米諸国全体で2万頭以上の鯨が、1年で乱獲されました。
そりゃ日本海に鯨が入ってこなくなるはずです。

開国が日本の古式捕鯨の衰退の助長に一役買ってしまったのです。

でも、実は長州を含め、当時鯨が取れなくなった原因が、
欧米諸国の乱獲によるものだとは気づいていません。
もしもそれを知っていたら、攘夷はさらに激しいものになっていたことでしょう。

近海に入ってくる鯨だけを細々と捕って、その鯨を余すところ無く使い、
一頭一頭に戒名を付けるほど、鯨という資源を大事にしていた日本の捕鯨

鯨油を捕るためだけに大量に捕獲して、油を抜き取ったら海に捨てる欧米の捕鯨

油田が発見され鯨油がいらなくなったら「鯨がかわいそう」だなんて、
どの口が言っているのでしょうかね。

■関連記事■
長門市青海島 通浦(古式捕鯨の町と台場跡)
 江戸時代には鯨が内海でも獲れていました。
吉田稔麿
 鯨が獲れない事がアメリカのせいならもっと過激だったかも?
下関市岬之町 岬砲台跡
 岬砲台跡は近代捕鯨発祥の地のひとつでもある 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。