吉田稔麿

吉田松陰門下の三秀又は、松門四天王の一人である吉田稔麿について。

この人は、池田屋事件新選組に殺されたことで有名ですが、
どんな人だったかは、あまり知られてません。
萩の吉田稔麿の誕生地の石碑は、「吉田稔丸誕生地」と書かれていて、
名前さえ間違えられています。
※名前については「 稔丸 」と書かれたものもあるようで、
間違いではないようです。

ちなみに、吉田松陰と苗字は一緒ですが、血縁はありません。

松下村塾には、久保五郎左衛門が教えていたころから通っていました。
とはいえこの当時の松下村塾はただの寺子屋ですね。
12歳になると、小者として江戸長州藩邸で働き、薪割りや小間使いをしました。
働き詰めの毎日で、思うような学問は出来なかったようです。

安政3年、江戸から萩に帰ります。
その頃、吉田松陰が蟄居して松下村塾で子弟に学問を教えてると聞いた稔麿は、
松下村塾に再入門する。
松下村塾では、めきめきと頭角を現し、高杉晋作久坂玄瑞入江九一と並び、
松陰門下の四天王と称されるまでに学問は上達します。

松蔭は、稔麿のことを「その識見は暢夫(高杉晋作)に似ている」としています。
「どちらも頑質だが、暢夫は陽性で無逸(稔麿)は陰性のそれである。
両人とも人の駕御を受けず。高等の人物である。」と評価しました。
ここで陽性・陰性と表現されてますが、
晋作は明るく、稔麿は暗い」という意味ではなく、
晋作の識見は表ににじみ出てくるような激しさがあるが、
稔麿の識見は内に秘められたもの
」という意味でしょう。

有名な逸話では、稔麿は人物評が好きで門下生を絵で表したそうです。
晋作は「鼻ぐりのない暴れ牛
久坂は「裃を付け端然と座っている坊主
入江は「木刀
山縣は「棒きれ
と、表現しました。※異説あり

さて、稔麿も他の門下生同様に、尊皇攘夷活動に邁進します。
久坂とともに光明寺党を結成し、下関の外国船に砲撃を加えました。
その報復で外国船から砲撃を受けて、下関の砲台は壊滅。
これではまずいと、晋作は身分を問わない「奇兵隊」を結成。
稔麿もそれに習い、自らが総督となって「屠勇隊」を結成します。

「奇兵隊」は、士農工商の身分を問わず隊士を受け入れた画期的な軍隊でしたが、
「屠勇隊」は、さらに士農工商の枠から外れた被差別部落の民からなる部隊でした。
この「屠勇隊」は、差別の制度を作った幕府に対して、最も勇敢に戦ったとされています。
「屠勇隊」の結成は、吉田稔麿の最大の功績といえるでしょう。

元冶元年、長州藩は八月十八日の政変で、朝廷を追われます。
京に潜伏する長州派志士達は、京での復権を目指すべく、池田屋で会合を開く。
会合中、突然新選組に襲撃されます。
当時、藩邸にいた稔麿は、その場を脱出して長州藩邸まで逃げてきた藩士の報告を受けて、
を片手に現場に向かう。途中、会津藩兵に遭遇して討ち取られました。
また、別の説では会合に参加していて、負傷しながら脱出。
長州藩邸までたどり着くが、門を開けてもらえずその場で自刃。
それ以外にも、会合に出席していたが、用事で退出。戻ると新選組の襲撃の最中で、
稔麿は斬り合いに参加して討ち取られる。
いずれにしろ、池田屋事件で、稔麿は無念の死を遂げます。
新選組にとっては、宮部鼎蔵に並ぶ金星だったでしょうね。

吉田稔麿は、生きていれば総理大臣にもなれたと云われています。
池田屋事件で、維新も1年遅れたとも云われます。
稔麿もそうですが四天王の生きていた明治維新はどのようなものになったのでしょうか?

■関連記事■
萩市 吉田松陰墓所
 松陰の墓所には稔麿の墓も。誕生地も周辺にあります。
襲ったのは外国船だけではなかった(朝陽丸事件)
 幕府軍艦を占拠した奇兵隊の説得に稔麿があたりました。
古式捕鯨と開国
 江戸で勤務する父に鯨が送れないと嘆いています。
山口県山口市 三文字屋跡
 ここで稔麿は中間から士分への昇進を伝えられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。