下関市岬之町 岬砲台跡

小倉戦争時に、王子の鼻と呼ばれる岬に砲台が建設され、
二十四斤長加農砲が2門、
十八斤長加農砲が1門置かれました。

王子の鼻は半円状に海に突き出した岬で、
王子山と呼ばれた小高い丘がありました。

矢印の位置の赤い線(街道)が半円になってる部分。


元治元年の下関戦争後に撮影された岬之町の写真。
蔵が海沿いに並んでいますが、街道はその蔵の内側ですね。
写真には写っていませんが、左が小高い丘(王子山)でした。
その小高い丘に砲台が設置されています。


現在は建物が建っていてわかりにくいのですが、
たしかに丘になっています。
ここからすぐ北は、真木菊四郎が暗殺された場所。
(記事はこちら


階段を登ると「岬之町町民館」があります。
このあたりに砲台が設置されていました。


町民館の反対側は「蜂谷ビル(旧東洋捕鯨株式会社下関支店)」。
大正15年建築の古い建物で、登録有形文化財。
日本の近代捕鯨発祥の地のひとつでもあります。


丘なのですぐ下りになります。こっちは坂ですね。
下りた先が先ほどの古写真の場所になります。


坂を下りたところ。旧街道沿いです。
古い石垣がありますが、どの時代のものかわかりません。


半円になっている街道を廻ると、「蜂谷ビル」の裏が見えます。
下は駐車場になっていますが、幕末当時は魚市場や、
海運業者の商家が立ち並んでいました。


現在の地図。
埋め立てられていますが、Uの字になった道が面影を残します。
赤線の位置が当時の海岸線でした。
交差点名が「入江」となっていますが、
当時は古地図のように入江だったのでしょう。

■関連記事■
下関市観音崎町 永福寺砲台跡
 幽霊掛軸で知られる永福寺の境内に、砲台が設置されました。
福井県坂井市 丸岡藩砲台跡
 保存状態の大変良い丸岡藩の砲台跡。
福岡県北九州市 中ノ島砲台跡
 今は存在しない島に、福岡藩の砲台が設置されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。