福岡県北九州市 中ノ島砲台跡

洞海湾によって隔てられている北九州市の若松区戸畑区
その名のとおり洞窟のように深く長い湾で、
現在は若戸大橋若戸トンネルが通じていますが、
当時は相当の大周りをしなければなりませんでした。


若戸大橋」。
昭和37年に開通した赤い吊り橋で、
完成当時は東洋一だったようです。
関門橋より古いんですね。
橋周辺には古い建物も多く残っており、
波止場の雰囲気はとてもノスタルジックです。

実はこの橋の中央あたりには「海城」があったのです。

若松城と呼ばれたその城は、洞海湾の入口にあった中ノ島に、
筑前国全域を支配した黒田長政によって築かれました。
城代は黒田二十四騎の1人で船手衆の三宅家義が務め、
多数の軍船を繋留させた福岡藩の水軍の拠点だったようですが、
一国一城令によって廃城となっています。

そうして破棄されていた若松城でしたが、
250年近く経過した幕末の文久3年。
海防の為に砲台が建設されたとされています。

・・が、これに関する資料はあまりなく、
そして何より遺構が全くありません。
中ノ島は昭和15年に島ごと削り取られてしまったのです。
工業地帯となった洞海湾は、大型貨物船の出入りが激しく、
入口にある島は邪魔でしかありませんでした。


現在の洞海湾の入口付近。
中ノ島があった痕跡は全くなく、
周辺も埋め立てられてしまっています。


伊能図での洞海湾入口付近。
ちょうど現在の若戸大橋のあたりが、
かつて島が存在していた場所。
埋め立てで、島が無くなったという話はよく聞きますが、
島を海に沈めてしまったというのはあまり無いでしょう。
まあたしかに地図で見ると邪魔かなって気はしますね。

この中ノ島砲台は、下関攘夷戦が行われた事によって、
福岡藩が外国船への備えとして建設したものでしたが、
実際に使用されることはありませんでした。

■関連記事■
下関市前田 前田台場跡
 攘夷戦及び下関戦争の舞台となった砲台台場跡。
福岡県宗像市 早川勇顕彰碑
 筑前勤王党の早川勇の顕彰碑。
福岡県福岡市 西公園(平野國臣像)
 西公園にある平野國臣の銅像。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。