福岡県福岡市 西公園(平野國臣像)

福岡市中央区の西公園平野國臣の像があります。
西公園は荒津山一帯を公園化したもので、
江戸時代には東照宮が建てられていたそうですが、
維新後に廃社となりました。

その後の明治14年に荒津山公園として整備され、
明治33年に西公園と改められた後、
黒田長政の祀る光雲神社が遷座されています。

大正期に平野國臣と福岡藩勤皇派家老加藤司書
福岡出身の軍人吉岡友愛の3銅像が建てられましたが、
福岡大空襲で破壊され、平野の像のみが再建されました。
失われた銅像の大半が金属供出が原因なのですが、
空襲で破壊されたんですね。


西公園の大鳥居から光雲神社へ向かう坂の途中、
西側への通路を曲がった先に平野の像があります。


平野二郎國臣像」。
福岡藩足軽平野吉郎右衛門の二男として生まれ、
足軽鉄砲頭小金丸彦六の養子となりますが、
国学、尚古主義に傾向して養父に咎められ離縁。
京都で尊皇攘夷活動を展開し、
幕府から追われた月照薩摩に送り届けています。
しかし薩摩藩では、月照の受け入れが拒否され、
悲観した西郷吉之助は月照と入水しますが、
平野が西郷を救助しました。

以後も尊攘活動を続け、薩摩藩に捕縛されたり、
福岡藩で幽閉されたりしていますが、
情勢が勤皇に傾いたことにより釈放。
京に赴いて学習院に出仕しています。
三条実美の命で天誅組の制止に向かいますが、
その間に八月十八日の政変が勃発し、
急遽京に引き返しますが、尊攘派の壊滅を知って、
天誅組に呼応して挙兵することを計画。
七卿のひとり澤宣嘉を迎えて生野で挙兵しました。
しかし近隣諸藩から討伐をうけて壊滅。
平野は豊岡藩兵に捕らえられ、六角獄舎に収監されます。

元治元年7月に禁門の変が発生。
戦火によって京が延焼し、火の手が獄舎に迫ったために、
獄役人は獄舎の囚人を斬首を決定し、
約30名の囚人と共に平野は斬首されてしまいます。

■関連記事■
福岡県宗像市 早川勇顕彰碑
 筑前勤王党の生き残り早川勇の顕彰碑。
福岡県福岡市 平尾山荘
 野村望東尼の住居跡。幾多の志士がここを訪れました。
福岡県筑紫野市 月形洗蔵幽閉の地
 月形洗蔵が幽閉されていた場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。