福岡県宗像市 早川勇顕彰碑

宗像市役所 吉武地区コミュニティ・センターの手前に、
早川勇の顕彰碑があります。


維新之志士 早川勇顕彰碑」。
早川は遠賀郡の農家に生まれ、
月形洗蔵の叔父である月形春耕に学び、
福岡藩医板垣養永に医学を、
洗蔵の父月形深蔵に儒学を学びました。
江戸に出て佐藤一斉藤森弘庵大橋訥庵などに学び、
帰郷後は村医早川元瑞の跡をついで医者となりますが、
月形洗蔵、中村円太らと共に尊皇攘夷運動に参加。
薩長への周旋活動を行い、薩長同盟の締結に貢献しています。
福岡藩の尊攘派壊滅の原因となった乙丑の獄では、
藩士ではなかったために斬首は免れますが、
幽閉されて活躍の場を失いました。
維新後に許されて奈良府判事などを勤め、
最終的には元老院大書記官に任命されています。

福岡藩は乙丑の獄によって尊攘派は壊滅したために、
当時の記憶を語れる者が殆どいませんでした。
しかし奇跡的に早川が存命した為、
月形や中村ら筑前勤王党の活躍が語られて、
薩長同盟に彼らが大きく関わった事が伝えられています。
※諸説ある西郷隆盛高杉晋作の会談も語っています。
筑前勤王党の生き残りである早川のおかげで、
志半ばで殺された筑前勤王党の志士達の努力が、
多少なりと後世に伝えられました。

■関連記事■
福岡県福岡市 西公園(平野國臣像)
 西公園に建てられた平野國臣の銅像。
福岡県福岡市 平尾山荘
 野村望東尼の住居跡。幾多の志士がここを訪れました。
晋作と西郷は会っていたのか?/
 高杉、西郷会談はあったのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。