福岡県筑紫野市 月形洗蔵幽閉の地

月形洗蔵は過激な勤皇思想と正義感ゆえに、
佐幕寄りの藩主に勤皇と諸藩の罪状を建白して、
藩主の怒りに触れてしまいます。

洗蔵は、家禄没収のうえ牢居という重い罰を受け、
約4年間の幽閉生活を送りました。
福岡県筑紫野市にある九州自動車道筑紫野ICの近くに、
彼が幽閉生活を送った場所を示す碑があります。

月形洗蔵幽閉の地」。
幽閉されていた農家佐伯五三郎宅は、
碑の目の前の高速道路の通る位置。
幽閉中、洗蔵は部屋の端に座って本を読み、
近所の子供たちに学問を教えて暮らしました。

月形洗蔵は元治元年5月に罪を許され、
尊攘運動に邁進するのですが、
その後、乙丑の獄で斬首されるまでたった1年の活動でした。
その間に高杉晋作を匿ったり、薩長同盟の周旋を行ったり、
五卿の大宰府遷座を実現させたりしています。

西郷隆盛は「志気英果なる、筑前においては無双というべし」と、
評価しています。
1年の活動期間で、これだけの偉業を成し遂げる様は、
まさに無双というべきですね。

■関連記事■
福岡県福岡市 少林寺(月形洗蔵墓所)
 月形家の墓がある少林寺。
福岡県福岡市 西公園(平野國臣像)
 月形と双璧を成す福岡藩の勤皇志士。
福岡県福岡市 平尾山荘
 勤皇志士が集う野村望東尼の山荘。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。