下関市観音崎町 永福寺砲台跡

永福寺幽霊掛軸(記事はこちら)で有名なお寺。
ここの境内に小倉戦争時に砲台が置かれました。


永福寺は旧山陽道沿いの下関市観音崎町にあります。


永福寺の入口。
門前には山陽道西端の一里塚がありました。
現在の永福寺は階段を登った高台にありますが、
当時は山陽道に面した位置にあったようです。
当時、ここの境内に海岸沿いに唐様建築の観音堂があり、
旧国宝に指定されていましたが空襲で消失。
地名の観音崎はその観音堂に由来します。


石段を登ると本堂があります。


永福寺砲台跡」。
石段の途中に広場があり、
このあたりに二十四斤長加農砲が設置されました。
現在、その面影は見られません。


対岸の門司を望む。
かなり遠いようですが、砲弾は届いたのでしょうか?
たぶん届かなかったと思うので、
敵艦隊への威嚇に使われたのでしょう。

■関連記事■
下関市岬之町 岬砲台跡
 王子の鼻と呼ばれる岬に設置された砲台跡。
永福寺の幽霊掛軸
 永福寺は幽霊掛軸がある事でも知られます。
下関市前田 前田台場跡
 フランス軍に占領された砲台台場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。