永福寺の幽霊掛軸

昔、下関に菊屋という海産物問屋がありました。
この海産物問屋の夫婦はたいへん仲が悪かったので、
心優しい一人娘のお菊は心を痛めていました。

そこでお菊は夫婦仲が良くなるようにと、
毎日お寺に願掛けに通いましたが、
その思いをよそに夫婦仲は一向に良くなりませんでした。
いつしか菊の気苦労は体にまで及び、
ある梅雨の日ついに倒れたお菊は息を引き取りました。

その夜、お寺にお菊の幽霊が現れ、
和尚さんに「両親の事を頼む」と告げました。
和尚さんはお菊の話を聞きながらその姿を紙に書き写すと、
丁度そこへお菊の両親がやってきました。
和尚さんは今しがた現れていたお菊の幽霊の事を話し、
不仲の両親を戒めました。

この事があってから、お菊の両親は仲が良くなり、
父も商売に精を出すようになりました。
そして毎年、お寺ではご本尊様の御開帳の時、
お菊の幽霊の絵を出して夫婦仲の大切さを説きました。
この御開帳の事を「幽霊祭」と言い、後々まで伝わっています。

7/17日夜。
年に一度、幽霊の絵がご開帳される永福寺に行ってきました。

メインは本尊のご開帳なんですね。
脇に小さく幽霊掛軸公開と書いてます。


結構急な石段を登ります。


足に乳酸を溜めながら登りましたが、あら?まだ半分?


途中。海峡を望むと意外と絶景。


これが幽霊掛軸でございます。


綺麗ですね。
やはり幽霊ですので足はありません。
代わりに足元にはしゃれこうべが描かれてます。
幽霊掛軸といえば熊本県人吉市の永国寺の幽霊掛軸も有名。
永国寺の幽霊は、恨みで化けてでたお妾さんの幽霊
恐ろしい姿をしています。
けれども、この永福寺の幽霊は、
親の不仲を案じて化けてでた幽霊なので、
なんだか美しくも、もの悲しい雰囲気です。

両親の仲が悪いと、子供が心を痛める。
今も昔も一緒なんですよね。

■関連記事■
下関市観音崎町 永福寺砲台跡
 小倉戦争時、永福寺境内には砲台が設置されています。
中山忠光の幽霊
 中山忠光は暗殺後、幽霊となって現れました。
民話「あかずの扉」
 長府に伝わる怪談。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。