熊本県人吉市 永国寺

永国寺相良家第9代当主相良前続の開基により、
実底超真和尚が開山。
領主の相良家によって代々保護されました。
幽霊寺として全国的にも知られた有名な寺で、
超真和尚が描いたとされる幽霊掛軸が残っており、
毎年8月には幽霊まつりが行われるようです。


永国寺」。
西南戦争の際、人吉に入った西郷軍が本陣とし、
33日間桐野利秋村田新八がここで指揮を執り、
野戦病院も兼ねていました。
西郷は桐野らに一切の指揮を任せ、
ウサギ狩り球磨川で漁をしたり、
周辺を散策して過ごしたとされています。


一井正典先生顕彰碑」。
境内にある近代歯科の先駆者一井正典の顕彰碑。
人吉藩郡奉行一井五郎の子で、
明治18年に渡米して歯科医学を学び、
フィラデルフィア・デンタルカレッジを首席で卒業。
アメリカで日本人初の歯科院を開業しました。
帰国後は近代麻酔学や歯科医療に多大な影響を与え、
明治大正昭和と3代の天皇と皇族の侍医となっています。
また、米国で日本人初の教授となった人物でもあり、
ジウグリット先生というあだ名があったそうですが、
これは英語ではなく球磨地方の方言が由来とのこと。
顕彰碑の後ろの墓は一井家の累代墓。


人吉二番隊士の碑」。
人吉の不平士族は西郷軍に呼応して人吉隊を結成。
植木の戦い吉次峠の戦いに参加しました。
城東会戦に敗れた西郷軍が人吉に転陣すると、
二番隊三番隊も結成されて五木方面に出陣しています。
この碑は五木村の早瀬の戦いで戦死した6名の碑で、
明治12年に建立されたもの。
碑には吉田一誠羽月威興恒松三郎
阿川男之宮原共太郎甲斐思誠の名が刻まれています。


本堂」。
綺麗な本堂は近年建て替えられたもの。
永国寺は創建以来何度か焼失しており、
西南戦争の人吉攻防戦でも焼失しています。


西郷隆盛先生之遺蹟」碑。
西郷本営跡碑と紹介されている記念碑。
海軍大将山本善輔の揮毫とされていますが、
これは山本権兵衛の甥の海軍大将山本英輔の間違いですね。


幽霊掛軸」。
本堂内にある幽霊掛軸(レプリカ)。
木上郷のある名士の妾が嫉妬に狂い、
身投げして幽霊となって本妻を苦しめていたという。
実底超真和尚はこの幽霊の醜い姿を絵に描き、
現れた幽霊にこれを見せて因果の道理を説いて、
幽霊に引導を渡して成仏させたという。
この絵は寺宝として現在も残っています。
展示されている絵はレプリカですが、
毎年8月のゆうれい祭りには本物が公開されるようです。


幽霊が現れた古池」。
この池より幽霊が現れたとされます。
幽霊は水際が好きなのかな?
湧水によって綺麗な水を湛えているようで、
訪問時は水連が花を咲かせていました。

永国寺を出て正面の道を進むと、
西郷の宿舎となった元家老家の新宮家の屋敷があります。

武家屋敷(武家蔵・西郷隆盛宿舎跡)」。
西郷軍は既に廃城となっていた人吉城ではなく、
永国寺に本陣を置きましたが、
西郷は前記したように指揮は桐野らに任せ、
ここを宿舎としてウサギ狩りなどをしていました。
この武家屋敷の門は人吉城の「堀合門」を移築したもので、
貴重な人吉城の移築遺構。
内部の母屋も藩主の休憩所である御仮屋を移築したものです。

政府軍と西郷軍は球磨川を挟んで砲撃戦を展開。
幕末に未曾有の大火災に遭った人吉城下は、
西南戦争によって再び火災の被害を受けています。
戦闘は3日続いて永国寺も焼失。
不幸中の幸いとしては上の新宮家の屋敷が残った事と、
幽霊掛軸が焼失を免れたことでしょうか。

※追記:人吉の水害は予想以上の被害のようです。
 心よりお見舞い申し上げると共に、
 必ず復興を成し遂げます事を祈っております。

■関連記事■
熊本県人吉市 人吉城跡①/
 人吉藩相良家の居城跡。
熊本県人吉市 願成寺(人吉藩相良家墓所)
 人吉藩相良家の歴代墓所。最大規模の大名墓地。
永福寺の幽霊掛軸
 下関市の永福寺にも幽霊の掛軸が存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。