熊本県人吉市 人吉城跡①

①/

人吉城鎌倉時代に相良家初代相良長頼が、
地頭として人吉荘に赴任した際に入城した城で、
以降約670年の間、相良家の居城となっています。

城は球磨川と支流の胸川の合流地点に築かれ、
水運にも適した場所だったようで、
球磨地方の最重要拠点となっていました。


大手橋」と「多聞櫓(横長櫓)」。
胸川側が大手口。
人吉城は球磨川と胸川を天然の水堀としており、
西側の胸川に橋を架けてこれを大手門としてます。
大手門の脇を固めた多聞櫓は復元されており、
対岸からの眺めはかつての人吉城の雰囲気が、
非常によく再現されていました。
城域に市庁舎などの大きな建物が建てられてないのも、
その要因であると思います。
※かつては市役所が建てられていたようですが、
 球磨川の北側に移転したようです。



御館御門橋」と「水堀」。
大手口よりまっすぐ東へ行くと現れる水堀と石橋。
藩主の居城であった御館の正門入口で、
水堀は最近TV番組で綺麗にしたようです。


相良護国神社」。
御館の跡には相良護国神社が建てられており、
その横には歴代藩主を祀る相良神社があります。
残念ながら相良神社の写真は撮り忘れました。


相良護国神社より三の丸へ。
この登城口は本来なかったようで、
観光用に造られたもの。


於津賀神社跡」。
石段を登ると相良長頼以前に人吉を治めていた、
平家代官矢瀬主馬祐を祀っていた神社跡があります。
矢瀬は人吉城の明け渡しを拒んだ為、
長頼は地元の豪族平川義高に依頼し、
矢瀬を討ち取らせて人吉城に入城しました。
その後、長頼の跡を継いだ2代当主相良頼親によって、
矢瀬の霊を慰める為にが建てられ、
御塚(於津賀)大明神として祀られたようです。


三の丸跡」。
三の丸は広大な面積を誇っていますが、
藩政時代は何も建てられていない広場だったという。
非常時の武者溜まりとしての役割があったのでしょう。


中の御門跡」。
二の丸への正門。
近世城郭枡形虎口で江戸期に増設されたもの。
人吉城は古い城ですが時代と共に進化したようです。

※偶然ですが本日(2020/07/04)球磨川が氾濫した模様。
 被害の様子はまだ不明ですが予断を許さない様子です。
 周辺の皆様の安全を心よりお祈り申し上げます。


つづく。
①/

■関連記事■
熊本県人吉市 願成寺(人吉藩相良家墓所)
 人吉藩相良家の墓所。最大規模の大名墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。