熊本県人吉市 人吉城跡②

/②
つづき。

中の御門跡より二の丸跡へ。

二の丸跡」。
二の丸御殿があった二の丸の跡。
ニの丸御殿は江戸初期には藩主居館だった場所ですが、
太平の世には不便だったようで、
麓の御館(現相良護国神社の敷地)に移ったようです。


本丸跡」。
護摩堂御先祖堂山伏番所が建てられていたようで、
宗教的な意味合いの強い場所でした。


中の御門より下って御下門跡へ。
こちらが本来の登城口のようです。
急な坂がそのまま虎口となっていました。


御下門跡」。
山頂部の大手門。
かつては巨大な櫓門が建てられていたという。


米倉跡」。
御下門跡より西へ進むと米倉の跡があります。
水運を利用して年貢米が集められていました。


堀合門」。
復元された御館の北側の入口。
門の先を行くと相良護国神社の裏手に出ます。
堀合門は市内土手町の武家屋敷に移築現存しており、
廃城の際に元藩士の新宮家が拝領して自宅の門としました。

武者返し石垣」。
御館裏手の球磨川沿いの石垣は、
西洋の築城技術「槹出工法」を用いた珍しいもの。
ねずみ返しのように敵を阻む効果のある他に、
簡単に落とす事が出来る仕組みになっています。


水の手門跡」。
球磨川に面した門で年貢米などの水揚げに使用され、
外には船着き場が設けられていました。

人吉藩は隣国薩摩藩に似た支配体制で、
領内に14もの外城が設けられており、
各地に郷士らの集落が形成されていたようです。
また相良家が長きに渡って支配した事により、
一族分家が多く家老や重臣も殆どが古参で、
これらの対立抗争が度々起こっていました。
家臣対立は時に多くの死者を出す事もあったり、
藩主暗殺が噂されるケースも記録されてます。

幕末の文久2年。鉄砲鍛冶恒松寅助の家から出火した火は、
城下を焼き尽くして人吉城まで飛び火し外曲輪の殆どを焼失。
この大火は寅助火事と呼ばれ相良家が人吉を支配して以来、
最悪の大火災となりました。
この復興に1万5千両の借財が必要となり、
隣接する熊本藩に借金を申し入れますが断られ、
1万両を大坂の商人近江屋半右衛門に借り受けた他、
薩摩藩に5千両を借りています。

この火災によって武器庫も焼失した為、
藩内の砲術家松本了一郎を登用し、
オランダ式軍制への改革を開始。
松本は藩主用人となって実権を掌握しますが、
佐幕寄りの方針に藩主相良頼基も松本を疎ましく感じ、
松本が頼基を廃そうとしている噂が流れた為、
松本に失脚させられた山鹿流師範新宮行蔵らを復帰させます。
新宮は松本を情意討ちにしますが、
その後の人吉藩の軍制は山鹿流ではなく、
復興支援で親密となった薩摩藩からもたらされた英国式を採用。
藩是も勤皇に統一されました。

【人吉藩】
藩庁:人吉城
藩主家:相良家
分類:2万2000石、外様大名

/②

■関連記事■
熊本県人吉市 願成寺(人吉藩相良家墓所)
 人吉藩相良家の墓所。最大級の大名墓地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。