熊本県人吉市 願成寺(人吉藩相良家墓所)

相良家鎌倉時代より地頭として人吉を治め、
その後の南北朝室町時代を経て戦国大名となり、
島津家に翻弄されながらも領地を守り、
豊臣政権徳川政権でも所領を安堵されて、
廃藩置県まで領主として人吉を治めていました。

その相良家の墓所は願成寺にあります。

願成寺」。
初代相良長頼の創建で、 開山は遠江常福寺から招いた弘秀上人
慶長16年には後陽成天皇勅願所となった由緒ある寺ですが、
西南戦争で諸堂伽藍は悉く焼失してしまい、
現在の本堂はその後に再建されたもの。


相良家墓所」。
江戸時代中期に歴代当主や一族の墓を集合させたもので、
250基五輪塔が建ち並ぶ大名家墓地としては、
最大級のものとされています。


相良三郎藤原長頼之墓」。
鳥居をくぐった先にある初代相良長頼の墓。
ここにはかつて長頼の霊廟「金堂」が建てられていましたが、
西南戦争によって焼失してしまい、
明治18年に現在の墓石に建て直されました。

長頼の墓より奥の石段を進むと相良家の墓所が現れます。

第二墓所」。
20代から24代及び26代当主などの墓所。
20代当主相良長毎(頼房)は人吉藩初代当主で、
関ヶ原の戦いでは大垣城に籠城していましたが、
秋月種長高橋元種と共に東軍に内通し、
共に籠城していた熊谷直盛西軍を謀殺して降伏。
これによって所領は安堵されています。


第一墓所」。
2代から19代までの当主などの墓所。
鎌倉時代から戦国時代までの当主の五輪塔が並びます。


第五墓所」。
夫人や一族、縁者などの墓所。
後ろ側の草生した墓石は石田三成の供養塔とのこと。


石田三成の供養塔」。
初代藩主長毎は西軍を裏切ることで所領を安堵されたわけで、
これを悔いたのか石田三成らの供養塔を建立。
他にも5基の供養塔が並んでおり、
長毎らに謀殺された熊谷直盛、熊谷庄兵衛垣見一直
木村勝正木村伝蔵のものと伝えられています。


相良長毎の宝篋印塔」。
墓域の一番端にある長毎の宝篋印塔
※他の二つは夫人と母のもの。

第ニ墓所まで戻り反対側の墓域へ。

第三墓所」。
25代および27代から35代、37代当主の墓所。
江戸時代後半の藩主らの墓があります。


賢隆院殿故志州太守天界當真大居士」。
34代当主で14代藩主相良長福の墓。
天保10年に父相良頼之の隠居により家督を継ぎ、
先々代より続く財政改革を受け継ぎますが、
椎茸栽培をめぐる打ちこわしが発生。
※販売に特権制度を設けた事による領民の反発。
これに家臣らの派閥争いが加わって改革は頓挫し、
天災も重なって藩財政は好転しませんでした。
安政2年に死去。


正五位相良頼基之墓」。
35第当主で15代藩主相良頼基の墓。
長福の弟で長福の長男が幼少であった為、
養嫡子となって長福の死去後に家督を継ぎました。
人吉藩では軍制改革でオランダ式を推す佐幕派と、
伝統の山鹿流を推す尊攘派が対立。
頼基によってオランダ式への軍制改革が決定されますが、
砲術家松本了一郎が頼基を廃そうとしているという噂が流れ、
松本は上意討ちされ佐幕派は瓦解(丑歳騒動)。
結局は隣藩の薩摩藩より英国式が持ち込まれ、
オランダ式も山鹿流も廃される事となりました。
戊辰戦争では会津に藩兵を派遣し、
戦後に賞典金2千両を拝領。明治18年に死去しました。


第四墓所
江戸時代後半の藩主夫人達の墓。
桜井木下秋月亀井松平など、
当たり前ですが他の大名家の出身です。


第六墓所及び願成寺墓所」。
相良家親族と願成寺住職の墓所。

初代藩主長毎の宝篋印塔と明治以降の当主以外は全て五輪塔。
これほどの数の墓碑が並べられた大名墓所は皆無でしょう。
流石に鎌倉時代より人吉を治めた領主なだけありますね。

■関連記事■
宮崎県日南市 五百祀神社(飫肥藩伊東家墓所)と招魂社
 相良家と同じく藤原南家の流れをくむ飫肥藩伊東家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。