長門市青海島 通浦(古式捕鯨の町と台場跡)

青海島東部にある通浦古式捕鯨で栄えた町。
中世より行われていた通浦の捕鯨は、
長州藩の保護と奨励によって盛んに行われ、
四大古式捕鯨基地に数えられています。


長門市青海島周辺(通浦の場所)

幕末期には、外国船来襲に備えた台場が造られ、
北浦巡視吉田松陰もこの地を訪れました。
(記事はこちら)。


通浦 住吉神社」。
航海や漁業の神として浦の民に信仰された神社。
この神社の境内に台場が建設されました。


住吉神社拝殿」。
かつては浦の内外からの参拝者が絶えず、
境内の燈明が絶えなかったという。
網頭が夢で今朝は早く網をだせとお告げを聞き、
網舟を出すと浦の入口あたりに、
お櫃が一つ浮かんでいるのが見えた為、
それを引き上げてお櫃の扉を開いてみると、
中に一体の木像とお札が入っていたという。
これを代官に届けると祠に祀るように命じられ、
この場所に祠が建てられたということです。
みよちゃんは不思議なポーズで決めてます(笑)。


松陰は住吉社台場に寄ったとの事ですが、
台場がどこにあったのかはよくわからない。
境内で大砲が置けそう所といえば、
石段両端にあるこの平らな場所でしょうか?

住吉神社を出て通浦の湾内へ。

くじら資料館」。
通浦の古式捕鯨に関する資料や、
捕鯨漁具等を展示する資料館。


くじら資料館に展示されている下り鯨の回遊路。
仙崎湾内部まで鯨が回遊していたようですね。

資料館を出て東側の石段を登ると、
鯨の墓があります。

鯨墓」。
70体にも及ぶ鯨の胎児が埋葬されている鯨墓。
全国に100基近い鯨墓や碑があるようですが、
これほど立派なものは無いという。
鯨が1頭取れれば七浦が潤ったとされ、
広い海の中でわざわざ湾内に入ってくれる鯨は、
まさに海からの贈り物のようでした。


真光寺」。
浦の細い路地を通った先にある寺院。
大内氏の滅亡後、家臣であった森助信が、
通浦に遁世して創建しました。
松陰は「真光寺後台場」を巡視していますが、
「真光寺後」という名称ですから、
真光寺の後側にあったのでしょう。

真光寺の後側にまわってみます。

中央の大きな屋根が真行寺本堂
石垣の上に大砲が設置されていたのでしょう。

松陰は「住吉社台場」「真光寺後台場」の他、
横浜台場」を見分しているのですが、
その「横浜」というのがどこかわからない。


通浦漁港の裏手にある外海に面した小さな港。
松陰は番山の「遠見番所」から、
「横浜台場」「真光寺後台場」と巡視しており、
その経路から察するに、
この浜が横浜なんじゃないかと思います。
舟家が立ち並んでいるあたりに、
砲台が設置されていたのでしょうか?


プーチンが訪れたという「日露戦士の墓」へ。

長い下り坂を進んで海岸に降りてみると、
海を向いて二つの墓が建てられていました。

日露戦役常陸丸遭難者之墓(手前)」、
日露戦役露艦戦士之墓(奥)」。
日露開戦時の陸軍の御用船「常陸丸」は、
将兵約千人を乗せて支那大陸へ向かう途中、
玄界灘でロシア艦に撃沈されました。
その将兵の遺体が通浦の沖合に流れてきた為、
浦の漁師がそれを拾い上げて葬ったとの事。
手前の新しい墓碑は、
その後の大正10年に村で建立したもの。

奥の墓碑はロシア兵士のもので、
日本海海戦バルチック艦隊が壊滅した際、
多くのロシア兵の遺体が山陰各地に漂流し、
そのうち数体がここに打ち上げられていました。
墓碑は自然石を置いただけのものでしたが、
明治100年記念に新しく建立されています。


ロシア兵が打ち上げられたという大越の浜
相島大島が見えます。
通浦は萩とのろしで交信していたそうですが、
たしかにのろしでの交信が可能な位置関係。

ペリー艦隊来航の本来の目的は、
捕鯨船補給拠点の確保の為。
潤滑油灯火油に使用する鯨油を取るために、
太平洋カムチャッカ沖で鯨が乱獲されます。
この為に長年行われていた通浦の古式捕鯨は、
減衰することになりました。

油取るためだけに鯨を乱獲し、
船内で油を抜き取って海に捨てていた欧米が、
湾内に入り込んだ極めて少量の鯨を、
その全身をくまなく活用し、
供養まで行った日本に対して、
野蛮だから捕鯨を行うな!」という事自体、
なんとも理不尽な話だとは思いませんか?

■関連記事■
古式捕鯨と開国
 実は関係のある捕鯨と幕末の開国。
吉田稔麿
 鯨が獲れない理由を稔麿が知ったなら・・。
下関市岬之町 岬砲台跡
 近代捕鯨発祥の地のひとつでもある 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。